ジュエリーについてなら

良い宝石店員の条件

良い宝石を購入するために必要なことは、良い宝石販売員を見つけることが重要です。

 

信頼できる宝石販売員(ジュエリーアドバイザー)について説明します。

 

宝石に詳しい

 

当たり前のことかもしれませんが、宝石の知識が豊富にあるほど良い販売員であると言えます。

 

一般社団法人日本ジュエリー協会によるジュエリーコーディネーターの資格を保有する販売員はある程度宝飾品の知識を持っているはずですが、資格を過信するのは危険です。

 

宝飾店で販売員に会ったら色々と質問してみて、どの程度の知識を持っているか自分で判断して下さい。

 

宝石の原産地に詳しい

 

同じ宝石でも原産地が違えば価格が大きく違います。場合によっては何十倍もの差が出ることもあります。

 

サファイアはカシミール産が最高級品であると言えますが、もはや枯渇状態で幻の宝石とも言われています。

 

本物のカシミール・サファイアなら最低でも数百万円はするはずです。

 

販売員に宝石の原産地について色々質問してみて、どのくらい答えられるかで信用できる販売員かどうかが判断できます。

 

安物の宝石を高く買わされることが無いように注意して下さい。

 

宝石に愛情を持っている

 

恋人から貰った大切な宝石をゴミ箱に捨てる人はまずいません。

 

ところが会社の商品である宝石なら粗雑に扱ってしまう人がいます。

 

私の勤務する宝飾品小売り会社では商品である宝石をゴミ箱に捨てたバカがいました。

 

そこでゴミ箱の中を捨てる前にに金属探知機を当てて調査するようになりましたが、そもそも金属探知機を必要とする状況がおかしいです。

 

宝石を愛する人なら例え会社の商品であっても粗末にはしません。

 

宝石販売員と話をしたときまるで宝石が恋人のように話す人が、最も良い販売員であると言えます。

 

宝石を扱うのに必要な道具を持っている

 

良い宝石販売員なら必要な道具を持っていなければなりません。

 

宝石に付いた細かい傷やカットの善し悪しを見分けるには肉眼では無理です。

 

そこで必要なのがルーペ(拡大鏡)です。最低でも10倍は必要です。

 

宝石の中には光を当てることで変色効果やスター効果を出すものもあります。

 

そういう効果を説明するためにはペンライトが必須です。

 

お客様に見せる宝石は常に最高に美しい状態にしておかなければなりません。

 

そのために必要なのがジェムクロス(宝石磨き用布)です。

 

汚れが無いように見えても、ルーペで見れば汚れが目立つこともあります。

 

宝石に愛情を持っている販売員ならば常に宝石を美しく磨いているはずです。

 

以上説明した道具を持っていない販売員は信用してはいけません。

 

宝飾品を身に付けている

 

宝石販売員が宝石を身につけていなかったらおかしいです。眼鏡販売員が眼鏡をかけていないのと同じです。

 

口で宝石を愛していると主張しても、実際に宝石を身につけていなかったら説得力がありません。

 

お客様にどの宝石が似合うかと言う判断は自分が身に付けて経験してみなければできません。

 

宝飾店に行ってみたらぜひ販売員が身に付けている宝飾品を観察して下さい。

 

服装のセンスが良い

 

身に付けている宝石を美しく見せるには、服装が重要です。

 

着ている服の種類ばかりでは無く、着こなし方も大切です。

 

服装ばかりでは無く姿勢、動き、話し方など人間的魅力が無ければなりません。

 

人は見た目が非常に重要です。

 

特に宝石販売員は自らが身に付けている宝石によく似合う服装を心がける必要があります。

 

宝石販売にふさわしい優れた品格と服装のセンスを持った販売員は信用することが出来ます。

 

 

宝飾店の特徴

 

宝飾店の規模

 

宝飾店の種類

 

宝飾店の条件

 

良い宝飾店の条件

 

良い宝石店員の条件

 

良い宝飾店の備品


HOME プロフィール お問い合わせ