ジュエリーについてなら

良い宝飾店の条件

良い宝石店の条件とは専門知識の無い素人のお客様でも安心して宝飾品を購入できるお店のことです。

 

そのための条件は@同じ場所で長く営業している店、A店内に宝石を常に置いている店、B店内に十分な量の宝石がある、の3つです。

 

@同じ場所で長く営業している店舗

 

宝石の輝きは永遠に続くものです。ですから宝飾品は定期的なアフターサービスが欠かせません。

 

古くから地域密着で営業している店舗ならアフターサービスに関する不安は少ないと言えます。

 

ただし最近は景気が悪いので、老舗企業といえどもいつつぶれるか分からないので確実な基準はありません。

 

また新しい店舗が必ず悪いという訳でもありません。その店が長く営業を続けていけそうかが問題です。

 

大手のチェーン店だと大きい資本があるので、企業自体は長続きするでしょうがスクラップアンドビルドを繰り返すことが多いので小売店は頻繁に移転する可能性があります。

 

それより地域密着で営業している零細店の方が、つぶれるリスクはありますが店の移転などはあまり行わずいつまでも同じ場所で販売している可能性が高いので、アフターサービスという点からは安心できます。

 

A店内に宝石を常に置いている店

 

宝飾品専門店のように宝飾品売り場を常設している店舗もあれば、イベントの時のみ臨時で宝飾品を販売している店舗もあります。

 

宝飾品は定期的なアフターサービスが必要なことを考えれば、たまにしか宝飾品を扱っていないのは非常に利用しにくいです。

 

宝飾品をたまにしか扱っていない店が宝石を愛しているとはとても思えませんし、宝石に関する知識や技術も宝飾品を毎日扱っている専門店と比べて高くはありません。

 

そのような店は自らが儲ける為だけにお客様を利用しているに過ぎません。

 

B店内に十分な量の宝石がある。

 

商品の品揃えが十分でない、特に安い商品ばかりの店舗が良い宝飾店とは思えません。

 

同じ宝石で類似するデザインの商品が高額品から格安品までそろっていれば専門知識の無い素人のお客様でも、どれが良い宝石か判断することが出来るでしょう。

 

またお客様の予算に合わせた販売を行う事も出来ます。

 

ダイヤモンドや無調色の真珠、色石ならば人工的な処理が全くされていない天然のルビー、サファイア、エメラルドなどの宝石を多数置いている店舗ならば、宝石に深い愛情を持っている高級店であると言えます。

 

 

宝飾店の特徴

 

宝飾店の規模

 

宝飾店の種類

 

宝飾店の条件

 

良い宝飾店の条件

 

良い宝石店員の条件

 

良い宝飾店の備品


HOME プロフィール お問い合わせ