ジュエリーについてなら

宝飾店の規模

宝石は希少価値が非常に高いものです。そして基本的には受注生産に成るので大量生産には向いていません。

 

そのため宝石専門店は零細企業が多く大企業は世界中を見ても少ないです。

 

時計など他のものと一緒に販売していることが多く宝石を専門に扱っている企業は少ないです。

 

中には大企業など1つも無いと主張する人もいますが、実際には大企業は存在します。

 

大企業の基準は中小企業基本法によれば卸売業なら資本金5,000万円以上従業員100名以上、小売業なら資本金5,000万円以上従業員50名以上となっています。

 

2014年時点でのジュエリー業界の大企業は以下の通りです。

 

従業員数は随時変わるのとパート、アルバイト、子会社従業員を含むかどうかで大きく変わってきますのでご注意下さい。

 

会社名 従業員数 資本金
As-meエステール 1,500名 15億71百万円
ツツミ 1,150名 130億9,880万円
TASAKI 616名 1億円
ベリテ 483名 39億7,200万円
シーマ 460名 19億5,319万3,000円
エフ・ディ・シィ・プロダクツ 467名 24億8,652万円
サダマツ 367名 7億4,339万円
ナガホリ 357名 53億2,396万円
ハピネス・アンド・ディ 293名 3億2,453万円
桑山 285名 358億18百万円
カワシマ・ゴールド 75名 2億82,50万0,000円

 

 

従業員数と資本金は必ずしも比例する訳では無く、従業員数が多いから大きい企業とは言えません。

 

一般的に大企業と言えば数万人の従業員がいると思われますし、実際宝飾以外の業界の大手企業の中には数万人の従業員がいる業界もあります。

 

しかし、宝飾業界では最も数が多いAs-meエステールですら1,500名でしかなく、1,000名以上が2社のみで他は数百人規模でしかありません。

 

宝飾業界は全体的に零細企業が多く、産業規模は全体的に小さい特殊な業界であると言えます。

 

 

宝飾店の特徴

 

宝飾店の規模

 

宝飾店の種類

 

宝飾店の条件

 

良い宝飾店の条件

 

良い宝石店員の条件

 

良い宝飾店の備品


HOME プロフィール お問い合わせ