ジュエリーについてなら

ジュエリーの価値

人間がジュエリーを身につける価値となんでしょうか。

 

ジュエリーの本質とは。

 

宝石の価値とは、購入した人が身に付けることによってより美しくなったり、他人からより高い評価を受けることを楽しむことだと思います。

 

ジュエリーには他の商品とは違って即物的な機能はありません。

 

宝石を身につけても空腹が満たされるとか、力が増すとか、病気が治るとかの効果がある訳ではありません。

 

それでも人は宝石を求めます。

 

ジュエリーを購入する目的

 

人は何のためにジュエリーを購入するのでしょうか。

 

新聞などのニュースで時折あるのが、買った宝石を売ろうとしたとき二束三文にしかならなかった、宝石はいい加減な物だと言う物です。

 

つまり儲けることを目的に宝石を購入すると言うことです。

 

しかし、宝石の価値とは身に付けることにあるのであって、利益目的に宝石を購入するのはジュエリーの本質をわきまえていない考え方です。

 

売買の差益を目的に購入するのは明らかに宝石本来の目的とは違います。

 

ジュエリーに資産性はあるのか。

 

ジュエリーに全く資産としての価値が無いのかといえば、そんなことはありません。

 

日常生活で普通に使用する商品としては宝石が最も資産性があると言えます。

 

なぜなら宝石は使用しても価値が下がらないからです。

 

商品の価値には、使って楽しむ使用価値と、商品そのものが持つ素材価値があります。

 

宝石以外に高額な商品と言えば高級自動車があります。

 

高級自動車は乗っている間は気分が良くなったり、他人から評価されたりしますが、どんどん価値が下がっていき最後はほとんど値段が付きません。

 

会計用語で言うと減価償却されるからです。

 

これと正反対の位置にいるのが使用価値の無い金の延べ棒のような貴金属です。

 

使用価値の無い貴金属の価格を左右するのは相場のみです。

 

宝石はそのどちらとも違います。宝石はいくら使用しても素材価値が下がることはありません。

 

むしろ相場の上昇によって素材価値が高まることもあり得ます。

 

宝石の売買によって利益を出そうというのは、宝石の原価がいつ購入価格より高くなるのかということですが、これは誰にも分かりません。

 

結果として素人でも短期間に売買差益を出す人もいるでしょうが、逆に素材原価価値の低下により、差益が永久に出ない人もいるでしょう。

 

売買差益が出るか出ないかは、あくまで結果論で、それが宝石を買う目的ではありません。

 

もし宝石の購入目的が素材としての宝石の価格の上がることを期待することにあるのでは、購入する人は宝石を本当に楽しむことは出来ないばかりか、自分に似合うジュエリーから遠ざかってしまうこともあります。

 

宝石業に携わる人がジュエリーの持つ価値を正しく顧客に示してくれることを期待しています。

 

ジュエリーは即物的な効果が無いほかに、売り手と買い手の間に商品知識に大きな差があることが特徴です。ジュエリーが他の高級消費財よりも顧客に選ばれる商品になるためには業者による正しい情報提供が必要だと思います。

 

また消費者が高価な宝石・貴金属などを購入される際に後悔しないためには、良い宝石選び・良い宝石店選びが必要ですが、そのためには専門家から知識を得ることが重要だと思います。

 

ジュエリーの価値は受け継がれること

 

宝石や貴金属を使用したジュエリーはいくら使用しても価値が減ることはありません。

 

時代が変わって形が陳腐化してしまってもリフォームを行えば価値は半永久的に続きます。

 

そして自分が購入したジュエリーが娘や孫に受け継がれて行きます。

 

すぐに壊れてしまう安物のアクセサリーとは違って、宝石・貴金属の価値は永久に続くのです。

 

つまり宝石・貴金属は永久にゴミにならない地球に優しいエコ商品だと言えます。

 

 

ジュエリー概論
ジュエリーとはどう言う物か説明します。

 

ジュエリー関係の用語の定義

 

ジュエリーの製造過程

 

ジュエリーの流通

 

ジュエリーの種類

 

ジュエリーの価値

 

ジュエリーの資産性


HOME プロフィール お問い合わせ