ジュエリーについてなら

ジュエリーの製造過程

ジュエリーの製造に必要な技術

 

1つのジュエリーを完成させるまで、様々な製造過程を経て、様々技術や素材が必要となります。

 

ジュエリーに必要なのは、土台となる貴金属(地金)、金、銀、プラチナです。

 

貴金属(地金)のみのジュエリーも存在するので、ジュエリー製造には必ずしも宝石は必須ではありません。

 

ジュエリー製造に必要な技術は大きく分けて、金属を加工する技術と石をカットする技術と研磨する技術(ラピダリーlapidary)の2つです。

 

さらに細かく言うと、金属の表面に文字や線刻を加える彫りの技術や地金に宝石をセットする技術、日本の伝統文様の1つである七宝繋ぎの技術など補助的な技術も必要になってきます。

 

ジュエリー・デザイナーの仕こと

 

ジュエリーを制作するにはまずデザインを行う必要があります。

 

しかし、ジュエリーデザイナーの仕ことが独立するのは17世紀に入ってからで、それまではジュエリー製造の職人がデザイナーを兼任していました。

 

現在でもジュエリーは受注生産が多いのですが、中世以前のジュエリーは完全に受注生産のみで市場がありませんでした。

 

そのためジュエリーは職人が勝手に作る物では無く、発注主である王族、貴族などの富裕層と職人とが話し合って、デザイン、価格、素材を検討して買い手側の指示によって制作されていました。

 

特に現在の日本では現在では職人とデザイナーとの分離が進んで、全く製造をしないペーパー・デザイナーが増加しています。

 

また企業内デザイナーが多いです。

 

ジュエリー・デザイナーはジュエリー職人の一人として認められつつあります。

 

逆にデザイナーの方が過大評価され、職人の方が過小評価される傾向になってきています。

 

ジュエリーの素材

 

ジュエリーの製造に必要な素材には、地金である貴金属(金、銀、プラチナ)があり、主素材である中石と副素材である脇石があります。

 

素材の組み合わせはジュエリーごとに異なります。

 

貴金属の地金のみで宝石の無いジュエリーも増えてきましたし、小粒のダイヤモンドのみで中石の無いジュエリーもあります。

 

また真珠のネックレスのように素材に糸を通しただけの物あります。

 

日本の場合はジュエリーの素材となる宝石が産出されることはほとんど無いため、アコヤ真珠を除いて輸入によってまかなっています。

 

かつては山梨県の甲府市には武田氏時代に水晶鉱山が多数ありましたが今では国産の水晶は稀です。

 

外国で産出され、カット・研磨・人工処理をされた宝石を選別して輸入する業者がいます。

 

地金の場合もかつては日本の石見銀山や甲府の金山のなどがありましたが現在では、出される量は少ないので輸入に頼っています。

 

ジュエリーの加工

 

宝石は原石のままで美しい物はありません。

 

宝石を美しく輝かせるためには必ず人の手で加工をする必要があります。

 

必ず行う加工はカット、研磨であり、その他に人工処理が行われることもあります。

 

宝石の加工や人工処理は日本で行われることはほとんど無く、原産国で行われることが多いです。

 

一見加工が行われていないと思われがちな真珠でさえ、糸を通すための孔開けが行われています。

 

現在のジュエリーの製造の現場

 

どのようなジュエリーを製造するのか考える役目を果たすのは主に卸業務に携わる、製造卸業です。

 

製造する職人や小売店が自ら企画に当たるのは現在は例外的です。

 

ジュエリーを実施に制作するメーカーは東京都台東区と山梨県甲府市に集中しています。

 

台東区は江戸時代から続く伝統工芸を継承している町で、甲府は昔から水晶加工が盛んでした。

 

ここで素材を保有する卸業者、製造を担当するメーカー、商品企画のデザイナーが集まって、ジュエリー製造に使用する素材、販売する価格、デザイン、製造するジュエリーの種類を検討します。

 

 

ジュエリー概論
ジュエリーとはどう言う物か説明します。

 

ジュエリー関係の用語の定義

 

ジュエリーの製造過程

 

ジュエリーの流通

 

ジュエリーの種類

 

ジュエリーの価値

 

ジュエリーの資産性


HOME プロフィール お問い合わせ