ジュエリーについてなら

自己異化説

自分を他の人とは違う風に見せたいとう心理のことです。

 

人間は自分を特別な存在だと見られたい欲求があるのでそのために宝石などを身につけるようになったという説です。

 

化粧をしたり、服を着たりするの他人よりよく見られたいと言う欲求から来ています。

 

自分を人とは違う風に見せるとはどう言うことかというと。

 

@自分を他の人より魅力的に見せることができる。

 

宝石に求められる条件に美しさがあります。つまり人は美しい宝石で自分の身を飾って、自分を美しく見せたいのです。

 

化粧をするのも自分をより魅力的にするためであり、宝飾品を身に付けるのも同じ意味です。

 

自分を人より魅力的にすることによってメリットが得られると考えられます。

 

例えばよりよい異性に出会える。良い仕ことを見つけることができるなどです。

 

もちろん宝飾品を身に付けることによってそれらが必ず実現できる保証はありません。

 

A自分の個性を主張をすることができる

 

自分なりの個性を自由に表現したいという欲求のことです。

 

よく若い人の中には他の人と同じ髪型や服装だと面白くないと思って、奇抜な髪型や服装をしたがる人がいます。

 

結果としてみんな同じような格好になるのですが。

 

つまり、宝飾品は自分を表現する物であり、服装や髪型と同じく自分の個性を主張する物だと言えます。

 

人は宝石を持つとき、他の人と同じ物では面白くないと思うのです。

 

宝石に求められる条件に希少性があげられますが、それは他の人が持っていない希少性が高い物だからこそ価値が高く貴重なのです。

 

誰もが持っている物は価値が低いのです。

 

B自分を他の人より裕福に見せることができる

 

宝石は高価です。中には安い物もありますが基本的には高価です。

 

つまり、高価な宝飾品を所持していると言うことは他の人よりも裕福であることの証明になります。

 

昔の身分制社会では階級を表す手段でもありました。身分が高い人ほど高級な宝石を持っているということです。

 

現在では自分を金持ちに見せかけるためだけに、高額な宝飾品を購入しようとする人はあまりいないと思われます。

 

現在のジュエリーの存在価値は@自分を他の人より魅力的に見せることができるA自分の個性を主張をすることができるがほほすべてだと限定できると思われます。

 

しかし、昔の人達がどのように考えていたのかは今となっては分かりません。

 

 

ジュエリーの起源

 

呪術起源説

 

ホモ・ルーデンス説

 

自己異化説

 

自己同化説


HOME プロフィール お問い合わせ