ジュエリーについてなら

古代の装身具

考古学上の遺跡からいろいろな物が出土します。その中で特に多いのが日常の生活で使用する食料、祭祀のための祭器、装身具、武器です。

 

ここで注目すべきは装身具の出土数が武器を上回っていることです。人類の生活の中で、装身具がいかに重要な働きをしていたかよく分かります。

 

日本の装身具の歴史

 

日本では、装身具は呪術的な意味のシンボルとして縄文時代から古墳時代に広く普及し、多数の装身具が各地の古墳などの墓地から出土しています。

 

しかし、日本の装身具の歴史は世界の中でも特殊で、飛鳥時代と奈良時代の境目で、突然装身具が姿を消してしまうのです。

 

その後1200年〜1300年後の明治時代まで海外からの文化輸入という形で復活するまで日本でジュエリー、装身具を見ることは出来ないのです。

 

入れ墨と鋸歯

 

日本で初めて現れた装身具は縄文時代から弥生時代にかけて行われた入れ墨と歯の鋸歯加工です。

 

鋸歯加工とは歯をのこぎりの形に加工することです。

 

縄文時代に作られた土偶の模様は、入れ墨を表していると考えられます。

 

当時は装身具に使える素材は無いに等しかったので、自分の体を素材として使ったのだと考えられます。

 

古代の装身具

 

勾玉

 

縄文時代の遺跡から動物の牙やヒスイ製の勾玉が良く出土しています。

 

これらの装身具の用途はよく分かっていないところもありますが、呪術的な意味が強かったのだと思われます。

 

勾玉文化は東日本で弥生時代まで続き、古墳時代が最盛期で、素材はヒスイの他に、碧玉、メノウ、ガラスがあります。

 

耳飾り

 

縄文時代には石を円形、楕円形または三角形に近い形に削り取った?状耳飾り(つけじょうみみかざり)や耳栓状耳飾りが出土しています。

 

これらは中国から輸入された文化で、主に女性が成人や結婚などの人生の節目で、耳たぶに穴を開けて装着したと考えられています。

 

しかし、これらの耳飾りは弥生時代には姿を見せなくなります。

 

古墳時代になると金属製の耳飾りが出土するようになります。これは私語埋葬品として墓に入れられました。

 

耳飾り文化は支配者層だけで無く、庶民にも広まっていた可能性があります。

 

首飾り

 

縄文時代から使用されていたと考えられます。

 

首飾りの素材としては、勾玉を連ねた物や硬玉、動物の骨や牙、石、貝殻などが使用されていました。

 

弥生時代になると、菅玉や小さな玉を数珠状にした物が出土するようになり、玉の素材としては碧玉やガラスが良く使用されていました。

 

古墳時代に作られた埴輪に装着していることから、権力者が祭祀の際に一重または二重にして装着していたと考えられています。

 

腕輪

 

食用にした貝の一部を切り取って作った貝輪が多く出土しています。

 

貝輪はかなり重量があるのと、一度に複数個装着された蛍石があるので、常時装着されていたのでは無く祭祀などの際に限定的に装着されていた可能性があります。

 

弥生時代後半には、素材が青銅製に変わります。貝輪の形を模した有鉤銅釧(ゆうこうどうせん)と呼ばれる物です。同時に鉄製、銅製、石製の物も出土しています。

 

同じ形で足に装着した物(アンクレット)もあり、手足を保護する目的で使用されていた模様です。

 

腕輪、足枷は古墳時代以降には消滅しています。

 

 

櫛には弐種類あります。

 

1つは装身具として用いられた縦長の物(縦櫛)、もう一つは実用目的の横長の物(横櫛)です。

 

いずれも縄文時代から古墳時代の遺跡から出土しています。

 

櫛の素材は、動物の骨か漆を塗った竹や木材または鹿の角で出来ています。

 

櫛の装着文化のみは古墳時代以降も消滅せずに継承されていくことになります。

 

指輪

 

縄文時代の技術では石や硬玉を加工して指輪を作るのは不可能だと言われてきましたが、木材や木の実などを使った指輪は存在した可能性はあります。

 

弥生時代の指輪は全て輸入品で国産の物は無かった可能性があります。

 

指輪はや弥生時代から古墳時代の遺跡から多数出土しているため呪術的な意味で装着されてた模様です。

 

古墳時代の装身具

 

古墳時代とは大体世紀から6〜7世紀頃までを指します。この時代は大きな古墳が多数つくられ死者はたくさんの副葬品とともに葬られています。

 

この時代のジュエリーで注目すべきは玉と呼ばれる物で、玉とは主に陸で取れる玉石と海で取れる真珠を指します。

 

玉とは美しい物全てのことを指していて、その素材はヒスイ、琥珀、メノウ、水晶、ガラスで、玉の形は勾玉、管玉、棗玉、臼玉、切子玉があります。

 

前の時代には動物の牙や骨に穴を開けただけの物から、石を使って同じ形をデザインすると言う風に進化しています。

 

他には金属に金をかぶせた細工品が登場していますが、残念ながらこれらは中国や朝鮮半島からの輸入品で有り、国産品ではありません。

 

多数のジュエリーが現存していることから当時の女性達が装身具に強い関心を持って、実際に使用していたことが分かります。

 

 

ジュエリーの歴史
日本のジュエリーの歴史を説明します。

 

古代の装身具

 

装身具の消滅時代

 

装身具の復活(戦国時代から平成までの装身具の歴史)


HOME プロフィール お問い合わせ