ジュエリーについてなら

良いダイヤモンドの条件

ダイヤモンドの性質

 

ダイヤモンドの品質には米国宝石学会が定めた4Cと言う基準があり、世界で使われています。

 

4Cとは色(color)、重さ(carat)、透明度(clarity)、研磨(cut)の頭文字のC4つのことです。

 

ダイヤモンド鑑定書は鑑定士2人でダブルチェックしながら4C評価で等級を付けた報告書を作成します。

 

色(color)

 

ダイヤモンドは無色透明というイメージがありますが、本当に無色透明のダイヤモンドはかなり稀です。

 

ほとんどのダイヤモンドは不純物が混じっているので若干黄色を帯びています。

 

無色透明に近いほど評価は高く、黄色がかかっているほど評価は低いです。

 

DからZまでの23段階あります。

☆DEF 完全な無色透明
☆GHIJ だいたい無色
☆KLM わずかな黄色
☆N-R 非常に薄い黄色
☆S-Z 薄い黄色

 

ピンクやブルーのカラーダイヤモンドは無色透明以上に高い評価の場合もあります。

 

正しい光源の下で訓練を受けた鑑定士がマスターストーン・ダイヤモンド(基準石)と比べながら人の目で判断しています。

 

重さ(carat)

 

カラット(carat)とは宝石の重さを表す単位で1ct(カラット)は0.2gです。小数点3位まで表記します。

 

ダイヤモンドで重さは非常に重要で大きい物ほど希少価値が高いです。

 

他の条件が同じでカラットが2倍になると価格は2乗の4倍になります。

 

透明度(clarity)

 

ダイヤモンド内部にある自然に出来たキズや不純物などをインクルージョン(内包物)と言い、研磨の際に出来た人為的なキズをブレミシュと言います。

 

キスや内包物の位置・大きさ・数によってダイヤモンドの透明度が判定されます。

 

透明度が高い物の方が評価が高いです。

 

☆FL 10倍の拡大検査でも内部・表面ともに内包物などが見つけられない
☆IF 表面には細かいキズが見られるが内部は10倍の拡大検査でも内包物などを見つけられない
☆VVS 10倍の拡大検査では、内包物などの発見が非常に困難
☆VS 10倍の拡大検査では、内包物などの発見がやや困難
☆SI 10倍の拡大検査では内包物などの発見が比較的容易だが、肉眼では困難
☆I 内包物などが肉眼で容易に発見できる

 

研磨(cut)

 

自然が生み出したダイヤモンドを美しくするための人為的な手段が研磨(cut)です。4Cの中で唯一人間の力が試される要素です。

 

ラウンド・ブリリアントカットが施された場合のみ評価されます。プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)が評価の対象になります。

☆EXCELLENT(EX) 優秀
☆VERY GOOD(VG) 優良
☆GOOD(G) 良好
☆FAIR(F)
☆POOR(P) 不可

 

の5段階で評価されます。


HOME プロフィール お問い合わせ