ジュエリーについてなら

貴金属の加工に使用する工具A

G測る道具(ノギス、サイズ棒、サイズ・リング、質量計)

 

貴金属の長さを測ったり、リングのサイズを決定したり、できあがった商品の重さを量ったりする工具です。

 

H延ばす道具(ローラー、線引板)

 

ローラーとは、貴金属を薄く延ばしたり、補足したりする工具です。線引板はいろいろな大きさの穴が開いている金属製の板です。

 

細い線材や角線材、甲丸線材、パイプ状の材料を作るときに使用します。

 

万力などを使って線引板を固定して、えんまで線材を引き抜きます。

 

大きい穴から順番に入れていき、求める太さまで引いて引き延ばします。

 

I叩く道具(金槌、木槌、金床)

 

貴金属を叩いて形を作ったり、延ばしたりする時に使用するのが金槌や木槌です。

 

金槌や木槌で貴金属を打つときには金床の上で打ちます。

 

J刻印を打つ(刻印)

 

刻印とは貴金属の種類と品位を表します。刻印を貴金属に打ち込みます。

 

メーカー名が入った刻印やダイヤモンドなどを使用したジュエリーの場合はそのカラット数を刻印します。

 

刻印には曲がり刻印と直刻印があります。

 

曲がり刻印は主にリングの刻印に使用します。刻印の打刻はやに代や金属の打刻台の上で行います。

 

やに代とは松ヤニと地の粉を混ぜた物をピッチ・ホールという鉄製のボールに入れた台のことです。

 

弱い火で加熱してやにを軟らかくして、制作物を固定して、刻印を打ったり石留めを行ったりします。

 

真珠、サンゴ、琥珀など生物起源の宝石や、エメラルド、オパールなどの熱に非常に弱い宝石は細心の注意が必要になります。

 

これらの宝石の場合は、やにの代わりにコンパウンドという常温では硬く、お湯やドライバーの熱で軟らかくなる歯科材料としても使用されている物質を固定材として使用します。

 

L光らせる工具(青棒、白棒、赤棒)

 

貴金属用の研磨剤には青棒、白棒、赤棒などがあります。回転するモーター軸に円盤状のバフ布を取り付けて、回転するバフの摩擦力によって磨きます。

 

青棒(酸化クロム)、白棒(アルミナ)、赤棒(酸化鉄)の三種類の棒はそれぞれの仕上げ工程で使い分けます。

 

へらがけの後のシルバーやK18 用の研磨剤に練り状研磨剤があります。これを使うとへらむらが取れるので均一な輝きが出ます。

 

M光らせないで仕上げる工具(金剛砂、古美液)

 

貴金属の仕上げにはぴかぴかに光らせるほか、光らせない仕上げや本来と違う色に仕上げる方法があります。

 

a梨地仕上げ(なしじ)

 

梨地仕上げとは光らせない仕上げの代表です。名前の由来ば仕上げ面は梨の皮に似ているからです。

 

ガーネット(石榴石)の粒で金剛砂と呼ばれている物で貴金属の表面に無数の小傷を付けることのよって得られる表面仕上げ(テクスチャー)です。

 

bホーニング

 

ホーニングとは金剛砂の作業を機械で行うことが出来ます。

 

高圧空気で、ガラスや繊細な金属片を素材の表面に吹き付けて、非光沢面を作ります。

 

cサティーナ(サテン仕上げ)

 

サティーナとは専用のバフ布の外周にペースト状に固形化した研磨剤を塗布して、素材の表面に細かいラインを付ける技術です。

 

dいぶし仕上げ(古美)

 

いぶし仕上げとは銀製品の表面を黒色に仕上げることです。古美液を2,3度はけにつけて制作物に塗って自然乾燥させると黒色になります。

 

凸部の研磨によって下地色を出して、立体的に表現します。

 

eその他の仕上げ

 

硬質ゴムで表面をこする方法、たがねで一面に模様を付ける方法、ダイヤモンド・ポイントで表面に均一な筋を付ける方法などがあります。

 

N電動工具(超音波洗浄機、バフ、ハンド・モーター)

 

効率の良い作業を行うために、様々な電動工具や機器がありますが、特に使う機会が多いのは超音波洗浄機とバフ(バッファー)とハンド・モーター(リューター)です。

 

超音波洗浄機は仕上げた後の制作物の隅に残っていた汚れや貴金属の表面や裏面にこびりついた研磨剤を落とすことが出来ます。

 

ただし、一部の宝石は超音波洗浄機によって割れてしまうことがあるので注意しましょう。

 

バフは仕上げ専用の工具で、ハンド・モーターは仕上げにも加工にもワックス加工にも使えるので非常に便利です。

 


HOME プロフィール お問い合わせ