ジュエリーについてなら

宝飾品の買い取りでは悪徳業者に出会う確率が高い

宝飾品(ジュエリー)の買取価格は「業者選び」で決まるといっても過言ではありません。後々後悔しないためにも宝飾品買取専門業者選ぶポイントを十分に学んでください。

 

宝飾品の買取を専門に行っている業者を探してみると、無数に存在していることが分かります。この中からあなたに会った優良業者を見つけることができれば、満足のいく価格で買い取ってもらうことができます。

 

しかし、優良業者は一握りしかいません。そのほかはすべて悪徳業者になるため、間違って買取契約を交わしてしまうと、恐ろしい結末が待っています。

 

悪徳業者について

 

悪徳業者と聞くと不正に買取価格を下げたり、詐欺を行っている業者を思い浮かべます。新聞やテレビでも悪徳業者のことが話題になりやすいです。

 

宝飾品買取専門業者に限らず、悪徳業者はどこの業界にも存在しています。前述の通り宝飾品の買取を行っている業者の中で優良業者は一握りしかいません。

 

私が宝飾品会社で働いていた頃、優良業者と共に仕ことをした経験があります。彼らは本当に誠実でこだわりを持って仕ことをしていました。

 

ただ、多くの業者は不当に買取価格を下げようとしたり、強引な買取をしたりする悪徳業者でした。

 

このような悪徳業者からあなたの身を守るために、宝飾品買取の基礎知識を学ぶ必要があります。業者とやりとりする前に、当サイトを熟読しておけば、悪徳業者の不正を見抜く力を養うことができます。さらに「暴利をむさぼる一部の悪徳業者」からあなたの身を守る助けになります。

 

典型的な悪徳業者には以下のものがあります。これらを知っておくだけでも宝飾品を買い取ってもらうとき失敗する確率は大きく下げることができます。

 

強引な押し買いをする業者

 

宝飾品・貴金属の買取をしている営業の人で、電話やファックスでこと前に連絡を入れていないにもかかわらずいきなり買取をしてくる業者がいます。

 

例えば、急に玄関のベルがピンポーンと鳴ったのでドアを開けてみると買取業者の営業員が立っていることがあります。この営業の方はいきなり「貴金属を買い取りたいので見せてほしい」と言い出します。

 

いきなり家に訪問して強引な買取を迫ってくる業者が「優良業者」な訳はありません。このような業者とは絶対に契約を結ばないようにしてください。

 

平成25年2月21日から特定商取引改正法が施行され、強引な押し買いは禁止になりましたので今後はこのようなことは減っていくことが予想されますが、全くなくなることは無いと思います。

 

詳しくは以下のページを参考にしてください。

 

宝飾品の出張買い取り契約のルールが変わり悪徳業者は排除されます

 

不当に買取価格を下げようとする業者

 

業者の中には最初に高額買取を主張しておきながら多額の手数料や貴金属精錬時の目減り分を引いて買取価格を下げようとする所があります。

 

手数料や目減り分があまりに多すぎる業者は悪徳業者だと言えます。しかし、手数料は業者の経営に必要な経費と言う可能性もありますし、再精錬時に貴金属を100%回収することは不可能です。つまり、手数料や再精錬時の目減り分を0にするのが必ずしも優良業者とは言えないと言うことです。

 

また、貴金属の場合はお客様の見ていないところで重さを計ることにより、重さをごまかす業者もいます。それを避けるためには必ず自分の目の前では買ってもらうか、こと前に自分で計っておきましょう。

 

悪徳業者は手段を選びません。何とかあなたの宝飾品を買い取ろうとあの手この手を使用してきます。うまい話に乗せられて大切な宝飾品の買取を依頼してはいけません。そのために宝飾品買取の基礎知識が必ず必要になってきます。当サイトに書いてあることを参考にしてください。そうすれば満足のいく価格で大切なジュエリーを買い取ってもらうことができるでしょう。


HOME プロフィール お問い合わせ