ジュエリーについてなら

宝飾品の買い取りではほとんどの業者が不正を行っている

宝飾品(ジュエリー)を買い取ってもらうことを考えたとき、誰しもが「高額買い取り」を考えているはずです。しかし、宝飾品の買取価格は通常は購入時より大きく下がるので、買取価格を大きく上げるのは本来なら困難です。買取価格は購入時より大きく下がることを覚悟しなければなりません。

 

一方で、高額買い取りを武器にお客様を集めている業者もいます。「地域ナンバー1の高額買い取り」などを提唱して、買い取り契約を結ぼうとします。業者の利益を確保するには、手数料を差し引くか重さを誤魔化して下げるしかありません。

 

高額な買い取り単価を提示しておきならが、お客様が見ていないところで重さを量り、グラム数を誤魔化して買取価格を不当に下げようとしたり、貴金属の溶解時に目減りする分を不当に多くして買取価格を下げようとする業者もいます。

 

このようなやり方を行う業者はまさに「悪徳業者」です。実は、ジュエリーの買い取りを行っている業者にはこのような悪徳業者が多いです。

 

ただ、優良業者は手数料や不正はしないで本当に高額で買い取ります。有力な転売先を確保している優良業者が高額買い取りをしているのもこと実です。しかし、このような優良業者は一握りしかいません。

 

宝飾品を買い取ってもらうとき「業者選びが一番大変」だと言われるのはここが原因です。業者選びを妥協して高額買い取りを目指すと待っているのは悪徳業者です。悪徳業者がどのように利益を上げているか以下に説明します。

 

業者に不正をさせない豆知識

 

例えば、貴金属の買い取りは不正をしやすいです。買い取られた貴金属の80%はそのまま再販売できないので、溶解して再精錬されます。その時100%再精錬することは出来ないので多少目減りします。悪徳業者はその目減りする部分を不当に多くして、買取価格を下げようとします。

 

そこで重要なのが、溶解時にどの程度目減りするかを知ることです。18金の場合金の含有量が75%になりますが、再精錬時に回収されるのは74.5%から74.7%です。つまり目減りするのは0.3%から0.5%です。しかし、悪徳業者は10%も目減りするなどと言うこともあります。貴金属はそんなに大きく目減りしないということを覚えていて下さい。

 

重量を計るときはお客様の目の前で計るように頼んでみましょう。どうしてもお客様の見ているところで計ろうとしない業者は悪徳業者だと思って下さい。また宅配買取などでどうしてもお客様の前で査定できない場合は、こと前に自分で重さを量っておきましょう。0.1グラムまで計れるデジタル計量器は1,000円から2,000位で買うことが出来ます。

 

手数料がいくらになるかもこと前に確認しておきましょう。特に手数料無料を主張しているが買い取りキャンセルになった時は有料になる業者もいます。宅配買取の場合は送料、また、キャンセルの場合の返送料などが無料か有料かこと前に確認しておく必要があります。買取価格が振込になった場合の振込手数料がお客様負担になる場合があるのでそれも確認が必要です。

 

宝石の付いたジュエリーの場合は、宝石と貴金属の価格の内訳を確認しましょう。宝石が複数付いている場合は一つ一つの買取価格を確認しておきましょう。

 

以上のことをするだけで、業者の不正はかなり防ぐことが出来ます。

 

ただ、不正を行う業者が多いのもこと実ですが、お客様のことを第一に考えている業者買いることも忘れてはいけません。専門知識と有力な転売先を持った宝飾品(ジュエリー)買い取り業者であれば、あなたの納得のいく価格で買い取ってくれます。

 

宝飾品を手放すのはあなたです。優良な業者を見つけ出し、納得のいく価格で買い取ってくれる業者へ気持ちよく宝飾品を渡すことができるのが「宝飾品の買い取りで満足する」ことにつながります。


HOME プロフィール お問い合わせ