ジュエリーについてなら

業者によって買取価格が異なる理由

宝飾品(ジュエリー)を買い取ってもらうのに失敗する理由は、業者選びを間違えてしまうからです。無数に存在する業者の中で、優良業者と言われる業者は一握りしかいません。残りの業者は素人同然の業者や不当に安く買い取っている悪徳業者ばかりです。

 

宝飾品を買い取ってもらうことを考えたとき、「買取価格はいくらになるのか」ということを知りたがる方はたくさんいます。実際に「およその金額で良いので教えてくれませんか」と尋ねられることもあります。

 

しかし、宝飾品の買い取りは概算の買取価格を聞いたところで、その金額で買い取ってもらえるわけではありません。実際に買い取ってもらう品物の状況によって金額が大きく変わるからです。

 

それに買取査定がスムーズに進んだとしても、そもそも業者ごとに買取価格は違います。そのため正確な買取価格を知りたいのであれば、宝飾品買い取り専門業者に査定をしてもらうしかありません。

 

そこで、優良な業者を見つけるために複数の業者へ査定を依頼するようにして下さい。最低でも3社以上に査定依頼することをお勧めします。

 

複数の業者へ査定依頼をするとあることに気がつきます。それは「同じジュエリーでも買取格が異なる」と言うことです。業者ごとに実力が違うので買取価格が大きく違ってきます。

 

業者ごとに違う買取価格

 

宝飾品(ジュエリー)の買取価格を考えたとき、多くの方は家電製品や工業製品のように「同様のジュエリーであれば買取価格は同じはず」と勘違いしてしまいます。

 

宝飾品買い取り業者が買い取ったジュエリーは、小売りされることもありますが、さらに他の業者に転売されることが多いです。そのため有力な転売先を確保している業者はお客様から高い値段で買い取ることが出来ます。

 

さらに何を目的としている業者かによっても買取価格は違います。例えば貴金属が欲しい業者は地金のみに値段を付けて、宝石には値段を付けません。そのため宝石(特に色石)の値段の差が激しいです。

 

貴金属は相場によって買取価格が決まるためそれほど価格に差が付かないことが多いです。しかし、溶解時の損失分を多く差し引かれてしまう可能性があるため差が出てきます。

 

また査定にかかる手数料も業者ごとに異なります。

 

また広告宣伝費を多く使っている業者は、買取価格を安くすることでこれを回収しようとします。でかでかと広告を出している買い取り業者は必然的に買取価格が安くなります。

 

色石の査定は難しい

 

色石(カラーストーン)は天然か合成宝石か、天然だとしても着色などの人工的な処理がされているかどうかなどあらゆる角度からの分析が必要になってくるため、専門業者でも色石の査定は難しいです。色石の価格は業者によって大きく変わる可能性が高いです。

 

鑑別書が付属していると買取価格が高くなる可能性があるので、できれば保存しておきましょう。しかし、鑑別で本物の宝石だと言うことが証明されたとしても買取価格は需要と供給などの相場で決まるので、業者による価格の違いは出てきてしまいます。

 

なお貴金属買取業者は宝石に値段を付けないことが多いので注意してください。

 

購入したときより価格は下がる

 

業者によって買取価格は異なりますが、一つだけ確実なことがあります。それは購入したときより買取価格の方が安くなることです。物によっては10分の1になってしまう物もあります。宝石のプロでも購入したときより高く売るのは困難です。購入時より安くなるのは覚悟してください。

 

査定は3社以上

 

高額買取を目指すなら査定は最低3社以上に依頼する必要があります。業者ごとに買取価格が異なる理由は様々ですが、査定で比較することができます。無数に存在する業者の中にあなたに合った優良業者が必ずいます。悪徳業者へ買取を依頼して後悔しないために、当サイトを熟読して正しい知識を身につけてください。

 


HOME プロフィール お問い合わせ