ジュエリーについてなら

宝飾品の買い取りでは一括査定業者に頼んではいけない

近年では宝飾品(ジュエリー)を買い取ってもらうとき、ほとんどの方が複数の業者に買取査定を依頼するようになりました。提案してくる買取価格を比べながら一社に絞ることができるため、あなたの気に入った業者を選ぶことが可能です。
ただ、複数の業者とやりとりしたり選ればれなかった業者には断らなくてはなりません。そのこともありお客様に変わって査定をしてくれる「一括査定代行業者」が増えてきました。

 

しかし、宝飾品を買い取ってもらう時の査定は一括査定代行業者に頼むのではなくあなた自らが行わなければなりません。なぜなら宝飾品は現物を見てみないと買取価格が分からないからと、自分が査定に立ち会った方が良いからです。

 

あなた自身で査定を行わなければならない理由

 

まず、「一括査定代行業者が依頼する査定」と「あなた自身が依頼する査定」の違いを知る必要があります。

 

一括査定代行業者が依頼する査定には2種類あり、ジュエリーの写真を送って現物を見ずに査定を行うか、ジュエリーを郵送して業者に査定を代行してもらう方法です。

 

写真を送る方法では概算の査定しか行うことはできません。つまり大まかな買取価格しか分かりません。しかし、これでは悪徳業者の思い通りになってしまいます。

 

宝飾品の買取には家電製品や日用品とは違い「定価」という概念はありません。買取業者によって価格は大きく異なります。そのため同じ宝飾品であっても業者によって買いと価格が大きく変わってきます。

 

しかし、宝飾品の買取を依頼する人の大半は宝飾品の知識の無い素人です。そのためどうしても査定の仕組みが分から無いままに業者を決めてしまいます。

 

写真のみでの概算査定など一括査定代行業者から提出される査定では最終的に出される正確な買取価格と金額が異なるのは良くある話です。そのことを利用して、最初に高額買取価格を提示して実際に宝飾品を送らせて、最終的に相場より安い価格を提示するのが悪徳業者の手口です。

 

これでは複数業者に査定を依頼する意味が無く、本末転倒です。

 

ジュエリー郵送して査定を代行してもらう方法では査定に1週間くらいかかってしまうデメリットがある一方自分が査定に立ち会うことはできません。お客様が見ていないところで査定されることに変わりは無いので悪徳業者が入り込む余地はあります。

 

一方あなた自身が複数業者に査定を依頼する場合、一社ずつ訪問して実際に買い取ってもらう宝飾品を見てもらいながら査定を行います。もちろん実際に買い取ってもらう品物を見ながらの査定になるので買取価格が大きくぶれることはありません。そして自分が査定に立ち会うことで業者の不正を抑止することができます。

 

つまり、買い取ってもらう宝飾品を実際に見ながら出なければ正確な買取価格が分からないのと、自分が査定に立ち会わなければ優良業者に出会うことはできません。このこともあり、宝飾品買取専門業者を選ぶときの複数業者への査定依頼はあなた自身が行う方がベストなのです。

 

宝飾品を買い取ってもらう時すく数の業者に査定を依頼するのは代行業者ではなく、あなた自身で査定を集めるようにしましょう。あなたの声が直接業者に届くため、大切な宝飾品を理想の価格で買い取ってもらえる可能性が高まります。

 

ただ、「どの宝飾品買取専門業者に査定を依頼すれば良いか分からない」という抜本的な悩みをお持ちの方は多いため、個人で複数業者に査定を依頼することに抵抗を持つ方はたくさんいらっしゃいます。しかし、査定を他人に任せてしまうと足下を見られて、結局は悪徳業者に出会ってしまう確率が高くなってしまいます。

 

面倒くさがらずに最低でも3社以上に自分で査定にいきましょう。


HOME プロフィール お問い合わせ