ジュエリーについてなら

買取査定の中身について

宝飾品(ジュエリー)を買い取ってもらうときに、必ずやらなければならないことがあります。それは「査定」です。査定を行うことによって買い取ってもらう品物の価値を知ることが出来ます。

 

宝飾品買取業者を選ぶ際は、3社以上に査定を依頼してあなたに最も適した業者を選ぶ必要があります。その中で適正な査定を行って最も高額買い取りをしてくれる業者が優良業者だと言えます。

 

買い取ってもらう宝飾品を目視でしっかりと査定した後、正式な査定価格が出ます。

 

ここで一つ注意が必要です。それは「買取価格」の見方を誤っている人が多いということです。ほとんどの人が買取価格の総額のチェックばかりを行いがちです。しかし、買取価格の中にはあなたにとって大切な内容が含まれています。
そこで最低でもチェックしておいた方が良いことを以下で紹介します。

 

色石の買取価格をチェックする

 

宝飾品は宝石と貴金属で出来ています。業者によって買取価格に違いが出ますが、その内ダイヤモンド、色石(カラーストーン)、地金(貴金属)に価格が付けられます。ジュエリーの買取価格の内どの部分にいくらの価格が付いたのかが重要になります。そこで特に重要になるのが色石の価格です。

 

色石の価値を判断する明確は基準はありません。では買取業者は色石をどのように査定しているのでしょうか。業者ごとに基準は違うとは思いますが、一般的によくある物を紹介します。

 

・色(カラー)
・透明度(クラリティ)
・輝き(テリ)
・天然の物か人工的な処理がされているか

 

査定する鑑定士の好みや経験、感性などによって買取価格が左右されてしまうこともあります。また色石ごとに鑑定基準が異なる可能性もあります。つまり鑑定士によっては高額買い取りが期待できると言うことです。

 

そのため高額買い取りを目指すには、面倒かもしれませんが最低3社以上の色石に詳しい買取業者に目視で査定してもらう必要があります。

 

さらにジュエリーを買い取ってもらう際に重要なのが、流行、デザイン、ブランドなどの付加価値です。とくにブランドの有無はルース(宝石)の価値より買取査定に影響する可能性があります。ただし、ブランド品は原価数百円の物が多いので、購入時よりは大きく安くなります。

 

買取業者は貴金属が欲しい

 

そもそもなぜ買取業者が急増してきているのでしょうか。それは金の価格が高騰しているからです。

 

つまり、買取業者はジュエリーの地金部分が欲しいだけで色石には興味が無いところが多いのです。まして色石の鑑定が難しいとなればなおさらです。大切な色石を安く買い取られないように気をつけて下さい。

 

ただし、貴金属も安く買い取られる可能性がありますので、本日の相場と重量をしっかり確認して安く買い取られることのないようにして下さい。

 

買取査定について詳しく尋ねる

 

業者に査定してもらって買取価格が出た後は、「なぜこのジュエリーがこの価格になるのか」などと聞いて説明を受けて下さい。これはとても重要な作業です。

 

このとき、このページで見たように「色石にどの程度の値段がついたか」に注意して下さい。これを明らかにしておけば価格に納得した上で買い取ってもらうことが出来ます。

 

ただし、貴金属とは違って色石は価格や相場がはっきりしないです。

 

正しい知識を持って業者と話をしないと、「このお客様は安く買い取れる」と思われてしまいます。このように無知なお客様をだまして利益を上げている悪徳業者は少なくありません。

 

このような悪徳業者が蔓延しているなか宝石の知識を身に付けるだけで悪徳業者と無縁になれます。

 

大切な宝石を安く買いたたかれ無いためにも、思ったことや疑問点を業者に伝えることが大切なことです。これが出来れば、最短で優良業者に出合うことができるはずです。


HOME プロフィール お問い合わせ