ジュエリーについてなら

ブリリアントカット

ブリリアントカットの原型が考案されたのは17世紀のヴェネチアですが、1919年にベルギーのダイヤモンド加工業者トルコフスキー家出身の数学者マルセル・トルコフスキーが現在の形に完成させました。

 

ダイヤモンドの上から入った光がすべて内部で屈折して上方へ放たれるという理想的なカットでアイデアルカットと言う別名もあります。

 

また開発者の名前を取ってトルコフスキー・ブリリアントとも呼ばれています。

 

主にダイヤモンドに施されるカットで、宝石の屈折率や光の反射などの光学的特徴を計算して最も美しく光り輝くように各切子面(ファセット)の角度と形を作り出します。

 

ブリリアントカットにはいくつかの種類があります。

 

@オールドマイン・ブリリアントカット(old mine brilliant cut)

 

ブリリアントカットの初期の形式でヴェネチアの加工職人ヴィンセント・ペルッシーが17世紀に作りました。上面の形が方形またはクッション・シェイブになります。

 

別名・ペルッシーカットとも呼ばれます。

 

Aラウンド・ブリリアントカット(round brilliant cut)

 

ブリリアントカットの中で最も有名な物で丸形のカットです。ダイヤモンドの4Cの内カットの評価に用いられます。

 

58面体のカットでダイヤモンドの美しい輝きを最も良く引き出します。

 

Bハート・ブリリアントカット(heart brilliant cut)

 

ハート型のブリリアントカットで65面の切子面(ファセット)を持ちます。

 

ハートは愛を象徴するのでマリッジリングなど愛や結婚に関係する時に使用されることが多いです。

 

Cペアシェイプ・ブリリアントカット(pear-shaped brilliant cut)

 

ブリリアントカットの変種の1つで、別名をドロップ(雫)カットと言います。

 

ペア(洋梨)の形にカットでリングに用いると指を長く見せることが出来ます。

 

Dマルキーズ・ブリリアントカット(marquise brilliant cut)

 

女性の笑顔をモデルに作られたと言われる、両端がとがったラグビーボール型のカットです。

 

宝石を実際のカラットより大きく見せることが可能です。

 

先端のとがった部分が壊れやすいので取り扱いには注意が必要です。

 

Eオーバル・ブリリアントカット(oval brilliant cut)

 

上面が楕円形になるカットでラウンドブリリアントと同様にポピュラーなカットです。

 

宝石によっては研磨によって失われる部分がラウンドブリリアントより少なくて済むとこともあります。

 

 

宝石のカット

 

宝石カットの基本

 

ファセットカット

 

ブリリアントカット

 

ラウンド・ブリリアントカット

 

ステップカット

 

ミクストカット

 

カボションカット


HOME プロフィール お問い合わせ