ジュエリーについてなら

光彩効果

キャッツアイ効果

 

宝石に猫の目の様な明るい回転して動くような光の筋が見えることがあります。

 

キャッツアイ効果を出す方法は、針状に並んだ内包物を持つ宝石の底面を内包物に並行して半円形に磨き上げる(カボジョン・カット)を行うことです。

 

キャッツアイ効果を示す宝石として有名な物にクリソベル(猫目石)があります。猫目石のことを単にキャッツアイと呼ばれることもありますが、キャッツアイは光学現象のことを指すので、クリソベル・キャッツアイと呼ぶ方が正確です。

 

クリソベル・キャッツアイの他には、クォーツ・キャッツアイ(石英)、ホークスアイ、タイガースアイがあります。

 

宝石の他にガラスでキャッツアイ効果を人工的に再現した物もあります。

 

スター効果

 

特定の宝石を定められた方法でカットすると現れる光の効果で、別名を「星彩効果」または「アステリズム効果」と言います。

 

原理はキャッツアイ効果と同じで、針状に並んだ金紅石(ルチル)という内包物でキャッツアイ効果と違うのは2方向から3方向へ伸びていることです。

 

金紅石と並行にカボジョン・カットを行うと石に入ってきた光が金紅石に反射して焦点を結び、光の筋を発生させます。

 

金紅石が2方向に伸びている場合は4条のスター効果、3方向だと6条のスター効果、4方向だと12条のスター効果があります。

 

スター効果の代表的な宝石はルビーとサファイアです。

 

他にはガーネット(石榴石)、スピネル、透輝石などがあります。

 

シラー効果

 

シラー(Schiller)はドイツ語できらめきを表します。英語ではシーン(sheen)と言います。

 

石の表面下のある層が光を反射することにより金属的な虹色の変色効果が発生することがあります。

 

宝石の内部の層が厚い場合は白、層が薄い場合は青になります。

 

シラー効果を持つ代表的な宝石はムーンストーン(月長石)です。

 

他にラブラドル長石にも見られます。

 

アベンチュリン効果

 

アベンチュリン(砂金石)に見られる効果です。

 

光がきらめくように反射して金属的の輝きになります。鉱物に含まれる板状結晶の微細構造によって発生します。

 

さらに、これらの微細構造は非常に多数なので、それら鉱物の色に影響を及ぼします。

 

アベンチュリン・クオーツでは、クロムを含む白雲母である微細構造では緑になり、また、様々な酸化鉄による微細構造では赤になります。

 

アベンチュリンという言葉はイタリア語の「a ventura」に由来し、意味は「偶然」です。

 

これは、18世紀にあるヴェネチアのガラス職人がガラスを溶かす作業中に誤って銅くずを混ぜてしまった結果、偶然きらめきのあるガラスが出来たのが由来です。(アベンチュリンがガラスではありません)

 

インドの産出量が多いのでインド翡翠とも呼ばれます。

 

アベンチュリン(砂金石)は、後の発見されたアベンチュリン・クオーツおよびアベンチュリン長石(日長石)の人工模倣として今日まだ製造されています。


HOME プロフィール お問い合わせ