ジュエリーについてなら

ミクストカット

ミクストカットとは1960年代に登場した比較的新しいカットで、ブリリアントカットとステップカットの特性を持っています。

 

通常は上部のクラウン部がブリリアントカットで下部のパビリオン部にステップカットが施されます。

 

ブリリアントカットの輝きとステップカットの優れたデザイン、そして歩留まりの良さを追求しています。

 

ルビー・サファイアなどの透明なカラーストーンに施されることが多いです。

 

最近人気が高まっています。

 

ミクストカットにはいくつかの種類があります。

 

@プリンセスカット(princess cut)

 

上から見ると正方形になっているカットで、1970年代に登場した比較的新しいカットです。

 

ファセット(切子面)が比較的多いため、反射率の高い宝石に向いています。

 

カットが細かく施されているため輝きが強い一方で、反射面が細かいため繊細な表情で柔らかく輝きます。

 

プリンセスの名にふさわしい上品なカットだと言えます。

 

4隅にグラデーションが向かうように計算されていて、光の強弱を楽しむことが出来ます。

 

ただし、縁の部分が薄いため破損しやすい物もあるようです。

 

Aバリオンカット(barion cut)

 

1971年に南アフリカのダイヤモンド研磨師であるバジル・ウォーターメイヤー氏によって考案されたカットです。

 

名前の由来はバジルと妻のマリオンの二人の名前を合体させた物です。

 

元々はダイヤモンド用のカットでしたが、後にカラーストーンにも施されるようになりました。

 

バリオンカットの特徴は八角形のガードルを持つデザインで、ファセット(切子面)の総数は62です。

 

ファセット(切子面)の内訳はクラウン部(上部)に25面、パビリオン部(下部)に29面、ガードル(側面)に8面です。

 

パビリオンファセットと三日月型のファセットがテーブル部に十字模様を浮かび上がらせます。

 

Bレイディエンドカット(radiantcut)

 

バリオンカットとやや似た感じの八角形カットでファセット(切子面)の総数は70面です。

 

ラウンド・ブリリアントカットのような輝きとエメラルドのような伝統的な優雅さを持っています。

 

1977年にウイーン生まれで、ニューヨークを拠点にしたダイヤモンド研磨師ヘンリー・グロスバードによって考案されました。

 

直線的な長方形の宝石の自然な輝きを解き放つ光の屈折面を可能にします。

 

レイディエンドカットはプリンセスカットやエメラルドカットの代替手段として良く用いられます。

 

変種が非常に多く様々なアレンジが施されます。

 

Cフランダースカット(flanderscut)

 

フランダースカットはベルギーのアントウェルペン(英語でアントワープ)で作り出されたカットです。

 

フランダースとはベルギー王国の北半分のオランダ語が使われる地域のことを英語で表現した物でオランダ語ではフラアンデレンと言います。

 

日本ではフランダースの犬で有名になった地域です。フランダースの犬はイギリスの作家であるウィーダが執筆したため、地名は英語表記です。

 

アントウェルペンは1456年にこの町に住むローデウィク・ファン・ベルケンがダイヤモンド研磨用の円盤 (Scaif)を開発したため、ダイヤモンド研磨職人が多く住むようになり、ダイヤモンド産業で栄えました。

 

フランダースカットはきれいな八角形のカットで4隅を切り落としたスクエアカットの変種とも言えます。

 

このカットの輝きはラウンド・ブリリアントカットを上回るとも言われていて、ベルギー王室御用達のカットでもあります。

 

取り扱う業者が少ないためあまり商品が出回って無く希少価値が高いです。

 

 

宝石のカット

 

宝石カットの基本

 

ファセットカット

 

ブリリアントカット

 

ラウンド・ブリリアントカット

 

ステップカット

 

ミクストカット

 

カボションカット


HOME プロフィール お問い合わせ