ジュエリーについてなら

モース硬度とは

モース硬度とは10種類の鉱物でひっかき傷を付けて硬さを検査します。

 

その10種類とは

 

モース硬度1 滑石   最も柔らかい鉱物
モース硬度2 石膏   爪で傷が付く、チョークの原料
モース硬度3 方解石 10円硬貨と同じくらい
モース硬度4 蛍石   ナイフで簡単に傷が付く
モース硬度5 燐灰石 ナイフでぎりぎり傷が付く、ガラス、人間の歯と同じくらい
モース硬度6 正長石 ナイフで傷つけると刃の方が痛む
モース硬度7 石英   鋼鉄や銅に傷を付けることができる。 
モース硬度8 トパーズ(黄玉) 必ずしも黄色では無い。
モース硬度9 コランダム(鋼玉) これより硬い鉱物はダイヤモンドくらい
モース硬度10 ダイヤモンド(金剛石) 地球上で最も硬い鉱物

 

 

あくまで傷が付くかどうかなのでたたいて壊れないかどうかと言う堅牢さを示す物ではありません。
硬度10のダイヤモンドでもハンマーで叩けば壊れます。

 

例えばトパーズでは傷ついてもコランダムでは傷つかなければモース硬度8.5、チョークをぶつけられた時の痛さがモース硬度2の痛さです。

 

宝石はモース硬度7以上の物になります。


HOME プロフィール お問い合わせ