ジュエリーについてなら

金属アレルギー

アレルギーとは

 

人間の皮膚の化学組成は常に一定です。そのため皮膚に他の物質が侵入すると、通常は吸収されて蝶を経て排泄されます。

 

侵入した物資が有害物質だった場合はランゲルハンス細胞が探知して、リンパ球が攻撃して死滅させて液体に変化させます。

 

この液体が椎砂な水疱になってかゆくなる「かぶれ」です。

 

リンパ球が有害物質のことを覚えていて再度進入すると直ちに反応を起こすことをアレルギー(感作)と言います。

 

アレルギーの原因となる物質のことをアレルゲンと言います。

 

アレルギーは一度発症すると長期間影響を受け続けることがあります。50年以上発症し続けたケースもあります。

 

金属アレルギーとは

 

アレルギーとはタンパク質に対して起こる物なので、金属が直接アレルギーを起こす訳ではありません。つまり金属はアレルゲンではありません。

 

金属は通常は水に溶けることありません。

 

しかし、汗や体液(ピアス穴について傷口から出る物)にはごく微量に溶けることもあります。

 

そのことを金属のイオン化と言います。体にあるタンパク質がイオン化した金属に反応して本来のタンパク質になり、体がこれを拒否して「炎症」やかぶれを起こして体の組織を壊してしまうことが金属アレルギーの仕組みです。

 

金属アレルギーが原因で出来た炎症はいったん治っても再び同じ金属に触れるとまた同じように炎症が起こります。

 

ジュエリーではピアスが皮下組織と直接接触するため金属アレルギーになりやすいです。ジュエリー以外では眼鏡や腕時計で発症することがあります。

 

アレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属

 

@アレルギーを起こしやすい金属

 

水銀、スズ、ニッケル、コバルト、クロム、プラチナ、銅、亜鉛、カドミウム、マンガン、パラジウム

 

Aアレルギーを起こしにくい金属

 

ナトリウム、アルミニウム、マグネシウム、カルシウム、カリウム、銀、チタン、鉄、金、プラチナ、タンタル、ジルコニウム

 

化学的に安定する不動態を形成するため金属イオンが流出しないためです。

 

ニッケルは特に強くアレルギーを起こしやすいので、ジュエリーのメッキの下地や合金にニッケルが使用されている場合は注意が必要です。

 

金と水銀は構造が似ているため、水銀アレルギーの経験がある人は金アレルギーを起こす可能性が強いです。これを交差反応と言います。

 

パッチテスト

 

金属アレルギーが発症してしまった場合はどの金属が原因かを調べる方法としてパッチテストがあります。

 

パッチテストは、各金属をイオン化した溶液を健康体には反応しない程度に薄めた試薬を検査のための絆創膏に付けて背中に貼り付けます。

 

そして2、3、7日後にアレルゲンに反応した場所に赤い反応が出るのを診ることによってアレルギーの原因となる金属を特定することが出来ます。

 

ただし金属そのものがアレルギーを起こす訳では無いので、パッチテストでは判明しない可能性があります。

 

食べ物

 

金属アレルギーは食べ物が原因で発症することがあります。例えばチョコレートはニッケルを含んでいるので金属アレルギーが発症する可能性があります。

 

歯科用金属

 

歯科用の金属でも金属アレルギーが発症する例があります。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や扁平苔癬(へんぺいたいせん、lichen planus)または接触性皮膚炎に成ることが多いです。

 

金属アレルギーの治療

 

金属アレルギーの医学的な治療方法としては、ステロイド外用剤があります。皮膚・粘膜の炎症に有効です。

 

かゆみが激しい場合は抗アレルギー剤の使用が有効です。

 

歯科金属アレルギーの地用の場合は口腔内の金属を除去して別の金属や陶器などに置き換えると症状が収まることがあります。


HOME プロフィール お問い合わせ