ジュエリーについてなら

宝石の偽名(フォルスネーム)

宝石を購入するときに注意して欲しいことがあります。

 

宝石の偽名(フォルスネーム)についてです。

 

文字通り偽の名前のことで、偽宝石(フェイクジェムストーン)と呼ばれる場合もあります。

 

商品のイメージアップを図り価格のつり上げや売り上げを伸ばすために、宝石に本当の名前とは違う、より希少価値の高い宝石と似た名前を付けることが海外を中心によくあります。

 

偽名(フォルスネーム)は偽の名前ですが、基になった石が必ずしも模造宝石や人工宝石とは限りません。中には単なるガラス玉をダイヤモンドと言い張っている場合もありますが、基本的には天然石です。

 

宝石を売る業者にとって非常に魅力的な名前だと言えるでしょう。

 

〜・ダイヤモンドという名前であっても実際にはダイヤモンドではありません。ダイヤモンドに似た感じの石をダイヤモンドと称しているだけです。

 

海外に宝石を買いに行ってフランス・ダイヤモンドを格安で手に入れたと喜ぶこともあるかもしれませんが、日本の帰ってから鑑定して貰うと無色ガラスだったと言うこともあります。

 

宝石の知識に乏しい観光客は豪華な偽名(フォルスネーム)に惑わされてしまうことがよくあります。

 

ただし海外の宝石業者が日本人をだましているとは限りません。本物のダイヤモンドだと言っている訳では無いからです。

 

偽名(フォルスネーム)は基本的にはインチキくさいものですが、中にはもっともらしいものもあります。

 

例えば、アイオライトの偽名(フォルスネーム)としてウォーターサファイアがあります。

 

アイオライトは見る方向によっては、ほぼ無色に見えたり、サファイアの様な青に見えたりするのでそれが水の様に見えるので生まれた言い方です。

 

サファイアの方がアイオライトより高価なので粉飾している事実に変わりはありませんが。

 

海外旅行で宝石を購入使用とする場合は偽名(フォルスネーム)を確りと把握したほうが良いと思います。

 

しかし、偽名(フォルスネーム)は色々な呼び方があるのですべてを把握するのは困難です。

 

ですが海外で〜・ダイヤモンド 〜・ルビー 〜・サファイア などの希少価値の高い宝石の前に枕詞のような物が付いていた場合はあやしいと思って下さい。

 

例外的にインペリアル・トパーズはブラジル産の最も美しいトパーズと言われる物で、偽名(フォルスネーム)ではありません。

 

他にもいくつか例外があります。

 

本物と信じて日本での購入価格の数倍で買わされてしまうと悲劇です。

 

海外まで抗議に行くとさらに旅行費がかかってさらに大損する可能性があるからです。

 

現在は昔に比べて海外旅行が自由に出来る世の中ですが、宝石購入に関してはご注意下さい。


HOME プロフィール お問い合わせ