ジュエリーについてなら

マーケティングとは

マーケティングとは企業がお客様に商品やサービスと言った価値を提供して、利益を上げる仕組みを作ることです。

 

商品を売る仕組みを作ると言うことです。

 

景気や消費動向の変化を読み取り、市場の変化を乗り越え、時代の変化に合わせて企業の人材や経営資源を有効活用することです。

 

つまり市場を調査し、成長分野を探し出してそこに顧客を創造することです。

 

しかし、日本の宝飾品店は全体的に小規模な企業が多いので今までマーケティングの概念はあまり必要とされてきませんでした。

 

特にバブル期は宝飾品は作れば作るだけ売れた時代でした。宝飾品店の経営者は自分の勘と経験で商品を販売していたのであり、むしろマーケティングは邪魔だと思われていました。

 

これは宝飾品に限った話では無く日本の製造業全体に言えることです。

 

例えば電機産業ではマーケティング部門は完全に左遷先であり、人数や予算が少ない状態でした。

 

しかし、バブルが崩壊、リーマン・ショックなどでジュエリー業界が急激に縮小していくと良い物を作っても売れない時代になってしまいました。

 

特に電機産業は壊滅状態になりました。

 

今までマーケティングの手を抜いてきた結果だと思われます。

 

物が売れない今こそマーケティングに力を入れるときです。

 

なぜなら企業の目的は利益を上げることだからです。

 

利益を上げるからこそこと業が継続し、税金を納めたり、お客様に貢献したりできるのです。

 

また会社を成長させるための投資を行うにも利益を上げることは重要です。

 

そして、利益を確保するために必要なのが売り上げです、売り上げ確保のために必要なのがマーケティングです。

 

会社にとって最悪なのはこと業の継続が出来ない状態になる倒産です。倒産の原因は色々とありますが、最も良くある原因は売り上げ不足です。

 

今までの日本の企業は良いものを作れば無条件で売れると信じられていました。

 

しかし、それは全くの間違いです。

 

売れる商品はあくまで顧客が欲しいものであり、企業の主観による良いものではありません。

 

マーケティングを軽視した結果、顧客の求める物が分からなくなり無駄に高機能、高額の商品を作ってしまい全く売れないこと態を招きました。

 

ジュエリー業界も同じで顧客の求める商品を用意できるかが重要です。

 

ところが残念なことに日本の企業では営業とマーケティングの違いが理解されていないところがあります。

 

私の勤務する宝飾品小売企業でもマーケティング部は営業の傘下にあります。

 

確かにマーケティングは営業の一部という側面はあると思いますが、両者は根本的に異なる概念です。

 

マーケティングとは

 

ベネフィット

 

差別化

 

セグメンテーションの4R

 

マーケティングの4P

 

CMOとは


HOME プロフィール お問い合わせ