ジュエリーについてなら

アコヤ貝養殖の工程

アコヤ貝養殖の順序

 

アコヤ貝の養殖は以下の手順で行います。

 

@母貝の採取と育成

 

A仕立て

 

B挿核手術

 

C真珠貝の養生と海こと作業

 

D浜上げ

 

母貝の採取と育成

 

真珠を作る会のことを母貝と言います。

 

真珠の養殖を行うために重要なのは、母貝であるアコヤ貝の安定確保です。

 

昔は海女が海に潜って海底に生息している貝を採取していましたが、現在は以下の2つの方法で貝を採取しています。

 

@天然採苗(てんねんさいびょう)

 

アコヤ貝は海中で受精します。そこで出来た受精卵が孵化して稚貝すると約20日間海中を浮遊した後、海底に付着します。

 

その頃を狙って海中に、杉の葉っぱなどの被付着物を投入すると、稚貝はそれに付着するで、大量の稚貝の採集が可能になります。

 

A人工採苗(じんこうさいびょう)

 

人工採苗とは雄の貝と雌の貝を同じ水槽にいれて受精させる方法です。

 

この方法は貝のえさであるプランクトンを大量に確保する必要があるほか、海水の厳密なろ過が必要になるなど、技術的な困難さを伴います。

 

貝の付着期以降は海で育成が行われます。

 

仕立て

 

真珠の養殖には挿核手術を行いますが、この手術は貝にとって刺激と苦痛などの大きな負担がかかります。

 

そのため貝の死亡や脱核、または真珠の品質が低くなってしまうなどの弊害が発生してしまいます。

 

それを仕立てによって防ぎます。

 

仕立ての方法は、貝を水の流通しにくい特殊なかごに長期間入れておきます。アコヤ貝の活動は水の流れの速さに比例するので、水の流れを遅くすることで貝の活力が抑制されて、生殖巣の発達を抑えることが出来ます。

 

アコヤ貝は雄雌ともに生殖巣を持っていて、生殖巣が精子や卵子でいっぱいになると真珠の養殖に悪影響が出るためです。

 

さらに挿核手術にともなうショックを抑えることができるため色々な面で良い結果を出すことが出来ます。

 

そのため真珠養殖において最も重要な工程となります。

 

挿核手術

 

挿核手術とは養殖真珠の核となるピースを母貝の中に挿入する手術のことです。

 

これは日本人の手の器用さにふさわしい繊細でデリケートな技術が必要な手術です。

 

その工程は以下の通りです。

 

@開口器という専用の器具を用いて、貝殻を少し開けて、貝を貝台に乗せます。

 

Aへらを使って貝の内臓部分が見えるようにして、内臓の表面を少しメスで切ります。

 

B切り口から生殖巣まで中までメスを使って導入路を作り、核とピースを導入路に沿って送り込みます。ピースを核に密着させます。

 

挿核手術は真珠の品質にはっきりと影響を与えます。そのため重要な工程です。

 

真珠貝の養生と海こと作業

 

手術後の貝の体力を回復させるために、陸地付近の筏に特殊なかごに入れてしばらく吊しておきます。

 

手術に耐えられなかった貝はこの期間の間に脱核したり、死亡したりします。

 

養生期間は約1ヶ月で終わり、その後沖合いの漁場荷移動させることを沖出しと言います。

 

沖出しの後は海こと作業があります。

 

海こと作業は核のサイズや漁場によっても違いがありますが、半年から2年くらいの間です。

 

海こと作業の内容は、貝殻の表面についたフジツボやカイメンなどの付着生物を取り除く貝掃除と、貝殻に穴を開けようとする付着生物を濃い食塩水の浸透圧で駆除する塩水処理があります。

 

浜揚げ

 

養殖の完了した貝から真珠を採取することを浜上げと言います。

 

浜上げの行われる期間は例年12月から1月の間です。

 

これは寒い時期の方が真珠の「てり」が出てくるためです。

 

まず貝を海から引き揚げてかごから出します。その後貝を切って身と貝柱に分けます。身の中に真珠が入っています。そして貝柱は食用にします。

 

身の粘りけを取り除くために、石灰石を加えてミキサーで粉砕します。

 

海水を利用して、粉砕片を洗い流し、底にたまった真珠を集めます。

 

集めた真珠を木製の桶に入れて、塩と水を加えて回転させて洗い流します。

 

 

真珠の歴史

 

真珠はなぜできるのか

 

真珠の構造

 

アコヤ貝養殖の工程

 

アコヤ貝以外の養殖真珠

 

真珠の鑑別とグレーディング

 

真珠の手入れ


HOME プロフィール お問い合わせ