ジュエリーについてなら

アコヤ貝以外の養殖真珠

シロチョウ養殖真珠

 

シロチョウ真珠とはシロチョウ貝という大型の貝から捕れる真珠です。別名は南洋真珠。

 

シロチョウ貝は赤道を中心とした熱帯の海のみに生息しています。

 

養殖を行っているのはインドネシアとオーストラリアで全体の90%を占めています。

 

その他の養殖地は日本の奄美大島、タイ、フィリピン、ミャンマーがあります。

 

シロチョウ真珠は1922年に藤本輔世氏などがインドネシアのプートン島で始まられました。

 

母貝の供給は長い間自然貝の採取に頼っていましたが、最近では人工採苗が成功しています。

 

シロチョウ真珠は直径13mm以上の大珠が取れます。その理由は母貝が大型であること、赤道直下なので海水温が高いこと、養殖期間が2年以上かけていることです。

 

貝殻には銀色の内面真珠層が2種類あります。ゴールド・リップとシルバー・リップです。

 

ゴールド・リップは真珠層が黄色く縁取られていてゴールド系の真珠が取れます。シルバー・リップは真珠層がそれ以外のものでシルバー系の真珠が取れます。

 

クロチョウ養殖真珠

 

クロチョウ真珠(黒蝶真珠)とは珊瑚礁に生息している大型の貝であるクロチョウ貝を母貝とする真珠です。

 

この貝の貝殻内面の真珠層は黒緑色に縁取られているため、ブラック・リップとも呼ばれています。

 

真珠層の色を利用して黒緑色の真珠を作ります。

 

黒蝶真珠の登場は1970年代と新しいため消費者の認知度は真珠の中では一番低いです。

 

黒蝶真珠の養殖は1914年に沖縄県の石垣島で始まっていますが、現在のシェアはタヒチが90%を占めています。

 

黒蝶真珠の実体色は緑褐色と積褐色と黄褐色の3色素があります。そのため今後は様々な色調の真珠が取れるのでは無いかと思われます。

 

現在クロチョウ真珠で最高の色調はピーコック・グリーンです。

 

マベ小食半形真珠、アワビ養殖半形真珠

 

マベとは大型の貝のことで熱帯から亜熱帯にかけて生息しています。

 

日本での生息地は奄美大島と沖縄県です。

 

アコヤ貝、シロチョウ貝、クロチョウ貝はウグイス貝科シンジュガイ属ですが、マベはウグイス貝科ウグイスガイ属であり、分類が異なっています。

 

マベからの真円真珠養殖は成功していると一部で報じられていますが、商業的な成功のためにはまだ課題が残されています。

 

半形真珠とは生きている貝の貝殻内面に半形状の核を貼り付け、外套膜の貝殻形成能力をそのまま利用します。

 

もともとは半球状の核が使用されたので、「半形真珠」または「半円真珠」と呼ばれていましたが、最近では核は半球状とは限らずドロップ型やハート型も使用されるようになったため「半形」で統一されるようになりました。

 

球状の核を利用して作るのをスリークォーター真珠と言います。

 

スリークォーターとは4分の3という意味で、真円の4分の1だけ削られてい、残りが丸い物です。

 

アワビからも半形真珠が採取可能ですが、市場に出ることはあまりありません。

 

スリークォーター真珠から真珠が採取されることはシロチョウ貝、クロチョウ貝からもあります。

 

淡水養殖真珠

 

淡水とは真水のことであり、湖などの塩分が少ない水のことです。その淡水である湖や河日成即する貝から採取される真珠のことを淡水真珠と言います。

 

1910年頃から琵琶湖で養殖が始まりました。

 

淡水真珠ととして有名な物は、琵琶湖産のイケチョウ貝、中国産のヒレイケチョウ貝などがあります。

 

イケチョウ貝とはイシガイ科の二枚貝で琵琶湖や淀川の固有種ですが、戦前から真珠養殖のために他水系に移入されています。

 

ヒレイケチョウ貝とはイケチョウ貝の仲間で中国の固有種ですが、日本にも導入されて現在日本ではイケチョウ貝とヒレイケチョウ貝が交雑しています。

 

 

真珠の歴史

 

真珠はなぜできるのか

 

真珠の構造

 

アコヤ貝養殖の工程

 

アコヤ貝以外の養殖真珠

 

真珠の鑑別とグレーディング

 

真珠の手入れ


HOME プロフィール お問い合わせ