ジュエリーについてなら

真珠の色

真珠の色

 

真珠の色は炭酸カルシウムの小さな結晶が何百枚、何千枚と積み重なる構造によって作り出されます。

 

この結晶の厚みは0.2ミクロンから0.6ミクロンの薄い層を作っています。この結晶の厚さは可視光線の波長のレベルと一致するため光の干渉現象が起こります。

 

この結果で出てくる色を干渉色と言います。

 

真珠層の構造に由来しているため構造色とも言います。

 

干渉色が発生する他の例としては、水面に浮いている油の膜やシャボン玉の七色の色彩、コガネムシやタマムシの羽の色があります。

 

干渉色の特徴は色であると同時に光沢でもあります。つまり輝きを伴っていて、色が濃くなれば輝くも強くなります。

 

そのため干渉色は光沢色とも呼ばれます。

 

真珠の干渉色はピンクとグリーンの2つが有り、どちらか1つの場合もあれば2つが共存している場合もあります。

 

干渉現象は写真や映像では再現できません。色はともかく輝きを画像化することは不可能だからです。

 

「てり」とは

 

真珠業界では「てりの良い珠」という表現がされることがありまが、てりとは何でしょうか。

 

てりとは輝きと色の両方を指しています。

 

たんぱく質の色

 

真珠層を構成している炭酸カルシウムの結晶を覆っていたんぱく質も貝それぞれが出す色を持っています。

 

たんぱく質由来の色のことを実際に存在する色なので実体色、または地色と言います。

 

たんぱく質は非常に薄く、色も薄いのですが実体色は濃い色になっています。

 

これはたんぱく質が何百枚、何千枚と重なっているからです。

 

アコヤ真珠やシロチョウ真珠のゴールド、クロチョウ真珠の黒または淡水真珠の色はいずれも実体色に基づいています。

 

たんぱく質の層は一枚一枚が非常に薄く、色も僅かですが、何千枚も集まれば濃い色になってきます。

 

透けて見える色

 

真珠層の半透明性が生み出す色を下地色と言います。

 

真珠形成等と核との境界付近はしばしば真珠層とは違う層があります。稜柱層は褐色、有機質層は黒褐色をしています。

 

これらの色が真珠層の半透明性によって透けて見えるのが下地色です。

 

稜柱層や有機質層の色が下地色に成るためには核全体を覆い尽くすほどの稜が必要です。

 

これが一部だけだといわゆる「しみ珠」になってしまいます。

 

下地色の典型的な例がアコヤ真珠のナチュラル・ブルーです。

 

真珠の複雑な色

 

真珠の色は干渉色、実体色、下地色の3つの質の違う色が同時に存在しています。

 

そのため真珠の色は非常に複雑になっています。

 

少し黒味を帯びている赤みを持ったゴールド系の真珠だった場合は、下地色が黒み、干渉色は赤み、実体色はゴールドと言うことになります。

 

これらの3種類の色の配分や濃淡などは人間が関与できません。全て、海、貝、真珠袋が決めることです。

 

そのため真珠の色は複雑なのです。

 

着色真珠

 

ただし、実体色のみ調色という加工によって人為的に付けることが出来ます。

 

調色による着色真珠は耐久性に問題があったり色の退色が速く進んだりするので、宝石と言うよりは消耗品のアクセサリーと言うべきです。

 

しかし、鑑別書にはそのことが正確に書かれない場合が多いので注意が必要です。

 

二種類の光沢

 

真珠の光沢には2種類あります。表面光沢と内面光沢です。

 

表面光沢は一般の物資と同じで表面の平滑で決まります。

 

表面の凹凸が少なければ光の反射が増えて光沢が良くなります。逆に表面の凹凸が多ければ光が散乱されるため光沢が悪くなります。

 

内面光沢とは、小さな結晶の積み重なりから発生する光沢です。

 

真珠層の中の炭酸カルシウムの結晶から来る光沢ということで内面光沢と言います。

 

この2つの光沢は一粒の真珠の中に共存しています。

 

ピンク色の真珠

 

良く真珠の色はピンクが最高ですと言われますが、正確にはピンクの輝きが強いものが最高になります。

 

実体色によるピンクは光沢が伴わないので着色真珠によく見られるものですが、干渉色によるピンクは輝きが有り加工されていない良質の真珠によく見られるものです。

 

 

真珠の歴史

 

真珠はなぜできるのか

 

真珠の構造

 

アコヤ貝養殖の工程

 

アコヤ貝以外の養殖真珠

 

真珠の鑑別とグレーディング

 

真珠の手入れ


HOME プロフィール お問い合わせ