ジュエリーについてなら

真珠の構造

真珠の構造とは

 

真珠をふたつに切ってみると、中心にある核とそれを取り巻いている真珠形成層から出来ています。

 

これが大まかな真珠の構造です。

 

真珠層の構造

 

真珠形成層のほとんどは真珠層で出来ていますが、核との境目部分は真珠層とは異なる層があり、稜柱層(りょうちゅうそう)または有機質層と呼ばれています。

 

アコヤ真珠の真珠層は1ミリ未満です。薄まきと呼ばれる粗悪品の場合ははがき一枚分と同じ0.25ミリ以下です。真珠科学研究所による花珠真珠の基準は0.4ミリ以上です。

 

基準が0.4ミリ以上に決まった理由は、養殖真珠が1年以内に巻き上げることヶできる厚さだからです。

 

真珠層とはカルシウムの結晶が重なった層状になっています。一層の厚さは0.4ミクロン(1ミクロンは1,000分の一ミリ)です。

 

真珠層1ミリの内カルシウムの結晶層は2,500枚になります。

 

真珠の構造で重要なのは、真珠層が半透明の性質を持っていることです。半透明とは薄い状態だと十分に光を通すので透明に近いのですが、厚くなってくるとほとんど光を通さなくなり不透明になってきます。

 

真珠層は0.2mm位の厚さだと非常に透明性があります。

 

顕微鏡で見た真珠層の構造

 

真珠の表面を顕微鏡で100倍くらいに拡大すると、人の指紋のような模様が見えます。さらに拡大するとその指紋のような模様はタイルのような小さな結晶に見えます。

 

真珠層の断面を電子顕微鏡で数万倍の高倍率にしてみます。すると真珠層はさきほどの小さな結晶が無数に積み重なっているのが見えます。

 

この小さな結晶は炭酸カルシウムでアラゴナイト(霰石)と言う結晶構造になって集合しています。

 

そしてこの結晶は一枚一枚が薄いたんぱく質の層によって接着されています。

 

これは生物にしか作れない緻密で繊細な作りです。この真珠層の構造が真珠独特の色や光沢の原因になっています。

 

真珠の強度

 

真珠内にあるたんぱく質の層は炭酸カルシウムの層の100分の一しかありませんが、強度は炭酸カルシウムだけで作ったよりも3,000倍もあります。

 

硬い物質でも亀裂が入ると、亀裂に力が集中して破れ始めます。

 

しかし、真珠のように高い炭酸カルシウムの層が軟らかいたんぱく質が交互に並んでいるため独立しているので、亀裂が入っても力が一カ所に集中しないため強度が上がります。

 

真珠の成分

 

真珠の成分で最も多いのは炭酸カルシウムで92.64%を占めています。その次にたんぱく質で4.449%、水分0.59%、その他2.28%の順になっています。

 

 

真珠の歴史

 

真珠はなぜできるのか

 

真珠の構造

 

アコヤ貝養殖の工程

 

アコヤ貝以外の養殖真珠

 

真珠の鑑別とグレーディング

 

真珠の手入れ


HOME プロフィール お問い合わせ