ジュエリーについてなら

宝飾品買取業者の種類

宝飾品(ジュエリー)を買い取ってもらう計画をしたとき、たくさんある候補の中から業者を選ばなくてはなりません。まだ買い取ってもらった経験が無い人はどの業者に依頼すれば良いか分からないと思います。

 

業者を選ぶポイントは宝飾品を専門に扱っていることと手数料を取らない業者を選ぶことです。

 

「知名度がある」、「家から近い」などの理由で業者を決めてしまうと、大きな損をする可能性があります。

 

例えば宝石に詳しくない業者なら相場より安く買い取られてしまうかもしれませんし、高額買い取りを主張している業者でも目を疑うような「高額な手数料」を差し引かれてしまう可能性があります。

 

良い業者はお客様のことを第一に考えてるので、一つ一つの宝飾品を大切に査定して、誤魔化しをすることなくお客様の納得がいく価格で買い取ってくれます。

 

そこで宝飾品買い取りを依頼する前に「買い取ってもらう宝飾品」と「その宝飾品の種類」をしっかり決めておきましょう。それを決めておけば買い取りもスムーズに進みます。

 

また買い取り業者には幾つか種類があるので、以下のことを頭に入れておけば、買い取り業者選びに役立ちます。

 

総合リサイクルショップは宝飾品の専門知識は無い。

 

最近は不要品の買い取りを行っている業者が宝飾品の買い取りに参入するケースが急増しています。今までゲームや服を買い取っていた業者が突然宝石や貴金属の買い取りを始めるのです。その理由は金の価格が高騰しているためです。

 

特に何でも買い取る総合リサイクルショップは経験の浅いアルバイトやパート従業員がマニュアルを見ながら買い取りを行います。しかも彼らは偽物を見抜く能力は無いので宝石を相場の半分くらいの価格で買い取ろうとします。二つに一つが偽物でも採算が取れるようにするためです。

 

特に宝石を買い取ってもらいたい場合は専門の鑑定士がいる業者を選ぶようにして下さい。

 

宝飾品の買い取りは専門の業者に依頼する。

 

宝飾品の買い取りができるのは「宝飾品買い取り専門業者」です。

 

宝飾品買い取り専門業者は宝石の知識と経験が豊富な鑑定士がいるので「適切な価格」で買い取ってくれます。

 

よく「宝飾品買い取り専門業者に依頼するのは敷居が高いから・・・・・・」という人がいます。

 

しかし、そのようなことはありません。女性一人でも気軽に入れるような雰囲気の店も多いですし、買取価格を高くすることも出来ます。

 

そこで重要になるのが、買い取ってもらいたい宝飾品の種類を確認することです。専門業者にも知識と経験は豊富ですがにもそれぞれ得意な分野と不得意な分野があるからです。

 

宝飾品は「宝石+地金」または「地金のみ」で構成されています。そのうち宝石は「ダイヤモンド」または「色石」、地金は「金」、「銀」、「プラチナ」など幾つか種類があります。

 

「宝石+地金」なら宝石に詳しい買い取り業者、「地金のみ」なら貴金属に詳しい買い取り業者に依頼するようにして下さい。なぜなら貴金属買い取り業者は地金(貴金属)が欲しいだけなので宝石には高い値段を付けません。

 

宝石の場合ダイヤモンドは4Cという基準がありますが、色石の場合は明確な基準がないため買い取り査定は難しいです。そのため色石専門の鑑定士がいる業者でないとまともな値段はつきません。

 

自分の宝飾品に適した業者に依頼することが出来れば、他の業者に依頼したときより買取価格に差を付けることが出来ます。

 

ただ、宝飾品買い取りの専門業者でも買取価格にかなり違いが出てきます。宝飾品の買い取りを依頼する際、損をしないために行わなければならないことがあります。それは多くの買い取り業者に査定を依頼することです。

 

ほとんどの買い取り業者が買い取り査定を無料で行っています。複数の業者に査定を依頼しないと「大きな損」をしてしまう可能性があります。しかし、買い取りキャンセルの場合のみ有料になる業者もあるのでこと前に確認して下さい。

 

最低でも3社に査定を依頼することが理想です。宝飾品の買い取りで「損」をしないためには満足のいく買取価格を提示してくれる業者を見つけなければなりません。

 

後悔しないように、妥協せずにあなたに合った業者を探し出しましょう。


HOME プロフィール お問い合わせ