ジュエリーについてなら

宝飾品の買取とは

宝飾品の買取とは

 

昔購入して、今では使わなくなった宝石や貴金属が家の奥に眠っているという人もいるのでは無いでしょうか。

 

いつか身に付けようと思っていても、なかなか使わない宝飾品を何とか処分したいと思いませんか。

 

そんな時は宝飾品(ジュエリー)を買取業者に買い取ってもらいましょう。

 

破損品でも買い取ってもらえる

 

宝飾品は使い込んでいる内に、破損してしまったり、宝石が落ちてしまったり、ピアスが片方無くなってしまったりすることもあります。

 

しかし、そういう破損した宝飾品でも意外と高く買い取ってもらえることもあります。

 

買取業者の選び方

 

そんな時買い取ってもらう業者はどのように選べば良いでしょうか。

 

最近ではリサイクル業者が増えてきて、どこの店も「高額買い取り」、「買取に自信があります」などと同じようなことを言っているため、どの業者を信用するか迷ってしまいます。

 

そこで良くあるのが「家の近くにある店舗だから・・・」、「広告を出している有名な業者だから・・・」という安易な理由です。

 

しかし、買い取り価格は業者によって大きく違うため場合によっては大切にしてきた宝飾品を安く買いたたかれてしまう可能性があります。

 

クーリングオフ制度があるとは言え、業者がさらに転売してしまうと、買い取られた宝飾品を取り戻すのは非常に困難になります。

 

そのため安すぎたと分かっても遅すぎる場合があります。

 

提示された買い取り価格が高いか安いかを個人で判断するのは難しいため、安く買いたたかれ無いために、複数の店舗(業者)を比較した方が良いです。

 

買ったときより高くなるか

 

宝飾品を買い取ってもらった時、果たして購入したときより高くなるでしょうか。

 

貴金属(地金)の場合は相場の変動によって買った時の価格より高くなる場合もありますが、宝石の場合は通常安くなります。

 

宝石の価格には流通経費(業者の利益)や加工賃などがかかりますが、買取の場合は宝石の原価のみが査定されるからです。

 

そのため宝石の買い取り価格は購入したときの10分の1程度まで下がってしまうこともあります。

 

宝飾品はあくまで自分が身に付けて使うために購入するためにあり、将来の値上がりを期待する投機目的で購入する物ではありません。

 

投機目的で購入するなら金の延べ棒を買いましょう。

 

宝石の価格査定は難しい

 

宝飾品は貴金属(地金)部分と宝石によって成り立っていますが、

 

地金の部分の価格はは相場によってだいたい分かりますが、宝石の部分の価格査定はプロでも難しいです。

 

ダイヤモンドは4Cという国際的に共通する基準があるので、査定価格にそれほど大きなばらつきがでないのですが、色石(カラーストーン)の場合は査定が特に難しいです。

 

色石の場合は明確な基準が無いのと、天然石に人工的な処理が施されることが多いからです。

 

結果的に価格が付けられるのは地金部分だけで色石の価格は0円にされてしまうこともあります。

 

買い取り価格には差が大きい

 

実際に宝飾品を買い取ってもらう価格は業者によって大きく違ってきます。

 

買い取られた宝飾品はすぐに店頭に並ぶわけではなく、さらに業者間で転売されたり、オークションに出されたりします。

 

プロの業者相手に転売する場合はごまかしがきかないので、査定に自信が無い業者は安く査定します。

 

逆に有力な転売先を持っている場合は高く査定してくれます。

 

もともとリサイクル業者は貴金属の価格が高騰したころから急増しているので、宝石の価値がよく分からない人達が貴金属目当てで買い取っている場合が多いのです。

 

そのため宝石についてはまともに値段が付けられないことが多いのです。

 

宝飾品の買取は宝石の知識を持つ業者に依頼した方が良いです。


HOME プロフィール お問い合わせ