ジュエリーについてなら

宝飾品(宝石・貴金属)買い取り依頼の流れ

宝飾品(宝石・貴金属)を初めて買い取ってもらうときは、どのようにしたら良いのか迷います。

 

宝飾品を納得のいく価格で買い取ってもらうためには買い取りの流れを理解しておく必要があります。そうすればどのような準備をすれば良いか分かります。

 

そこでこのページでは宝飾品買い取りを行うときの流れを説明します。買い取りの流れは大きく分けて7つあります。以下それを詳しく紹介します。

 

1.買い取ってもらいたい宝飾品を決める

 

宝飾品には大切な思い出が詰まっている物もあります。不要だからと行って何でも売ればいいわけではありません。大切な人からもらった宝飾品などは安易に売らない方が良いでしょう。逆に別れた男から贈られた宝飾品などは速やかに処分したいと思うかもしれませんが、処分を焦ると安く買いたたかれてしまいます。

 

そこでどの宝飾品を売るかこと前に決めておく必要があります。特に訪問買い取りの場合は売る気のない宝飾品を無理矢理買い取られてしまうこともあるので売りたくない宝飾品は決して業者に見せないようにしましょう。

 

2.買い取り方法を選ぶ

 

買い取ってもらいたい宝飾品を決めたら、次は買い取ってもらう業者を選ぶことになりますが、その前に買い取ってもらう方法を選ぶ必要があります。買い取ってもらう方法に応じて業者を選ぶ必要があるからです。

 

買い取ってもらう方法は以下の3つがあります。

 

・店頭買い取り

 

・宅配買取

 

・出張買い取り

 

店頭買い取りは自分から買い取り業者の店舗を訪問して宝飾品を買い取ってもらう方法です。この方法は買い取り査定に立ち会うことができるのがメリットですが自宅近くに店舗がないと時間や交通費がかかるので向いていません。

 

宅配買取は、宅急便を使って宝飾品を買い取り業者に郵送して査定してもらいます。梱包キットを無料で送ってくれる業者もいるので便利ですが、査定価格に納得できないとトラブルになる可能性もあります。

 

出張買い取りは、買い取り業者が自宅に出張してくれます。自分で行かずに済み、査定に立ち会うことができるメリットがあります。しかし出張エリア外だと無理なほか強引に買い取られる押し買いの可能性もあるので気をつけて下さい。

 

他にも宝飾品を郵送した後店頭訪問をする「手ぶらで店頭買い取り」という店頭買い取りと宅配買取を合わせたサービスもあります。

 

3.買い取り業者を選ぶ

 

買い取り方法が決まったら次は買い取り業者を選びに入ります。業者を選ぶときはまずその業者の買い取り実績を調べることです。買い取り業者の運営しているサイトを見れば買い取り実績が書いてあることが多いので参考になります。他に口コミを利用する手もあります。

 

4.買い取り業者に買い取り査定を依頼する

 

買い取ってもらう業者が決まったら、実際に宝飾品を見てもらい買い取り査定を依頼しましょう。電話やファックスで査定してもらう方法もありますが、宝石はキズがついていることもありますので実際に目で見て査定をしてみると価格が大きくずれてしまい「こんなはずでは無かった」となってしまうこともあります。電話で聞いた価格はあくまで目安だと思って下さい。

 

宝飾品を査定してもらう方法は買い取り方法にもよりますが、自分で店頭に持ち込むか宅急便で送るかのどちらかになります。

 

自分で持ち込む場合は盗難や紛失の危険があるので注意して下さい。また宅急便の場合もこと故による損失が考えられますので保険があるかどうか確認して下さい。

 

買い取り査定は通常無料ですが、キャンセルの場合のみ査定料を請求される場合もありますのでこと前に確認して下さい。

 

5.買い取ってもらうかどうかを決断する

 

買い取り査定をしてもらい、価格が出たらその価格で買い取って貰うかどうかを決めます。

 

もし査定価格に納得がいかなかったらキャンセルしましょう。「せっかく査定してもらったのに悪い」などと遠慮する必要はありません。特に出張買い取りの場合は遠慮しがちになるかもしれませんが、どの買い取り方法でも同じです。

 

しかし、キャンセルの場合は査定料を請求される場合と、宅配買取の場合は返送の送料、出張買い取りの場合は出張料を請求される場合があります。キャンセルにいくらかかるかこと前に調べておくことが重要です。

 

買い取ってもらうかどうかを決断したら取引終了です。


HOME プロフィール お問い合わせ