ジュエリーについてなら

一度買い取ってもらった宝飾品を取り戻すのは困難

宝飾品は持ち主にとって大切な思い出があるかと思います。そのため宝飾品を買い取ってもらうときは絶対に失敗したくないと考えます。

 

しかし、そのためには宝飾品買い取り専門業者選びを芯研に行う必要があります。業者選びを適当に行ってしまうと、大切な思い出のある宝飾品を不当に安く査定されてしまたり、売る意志のないのに強引に買い取られてしまう場合があります。

 

特に最近は買い取り業者がお客様を訪問して、売る意志のない宝飾品を強引に買い取る「押し買い」という手口がはやっています。

 

押し買いとは

 

買い取り査定の依頼をしていないにもかかわらず業者が自宅に突然訪問してきて、不要な宝飾品や貴金属の買い取りを求められることが増えてきています。

 

突然訪問してくる業者のことを押し買いとも言います。

 

最初は古着などを買い取りたいといって訪問したら貴金属を買い取りたいと突然言ってくることもあります。

 

最初は高額で買い取るといって宝飾品や貴金属を持ってこさせて、相手に知識が無いと分かると十分な説明をせずに不当に安い買い取り価格を提示してきます。

 

「売らない」という意思表示をしても、業者の強引な勧誘に怖くなり、安値で売ってしまうこともありますが、

 

一度業者に引き渡した宝飾品を取り戻すのは非常に困難です。

 

一人暮らしの高齢者が被害に遭うケースが多いです。

 

訪問買い取りの問題点

 

訪問買い取りには、

 

・突然の訪問だと、適切な買い取り価格が不明で、企画検討が出来ない。

 

・業者が威圧的な態度を取ってくる場合がある。

 

・買い取りの時に個人情報の提供を求められることがあるが、悪用される心配がある。

 

・買い取られた品物の返品を求めても、取り戻せないことが多い。

 

・買い取られた品物の種類や金額が書かれた書面が交付されないことが多い。

 

といった問題点があります。

 

押し買い対策

 

売りたくない場合は毅然とした態度で断りましょう。相手が強引な態度に出てきたり、居座ったりしてきた場合は警察を呼んでください。

 

または消費者生活センターに相談して下さい。

 

相手の身分を確認しましょう。名前、住所、電話番号、または古物商許可証の提示を求めて下さい。それに応じない業者は断りましょう。

 

押し買いは強引な態度に出てくることが多いのでなるべく一人で対応せず、家族か近所の人などに同席してもらいましょう。

 

買い取り条件や価格の根拠を明記した書類を交付してもらい控えておいて下さい。万が一不当な買い取り価格であったとしても、有利になります。

 

悪質な業者ほど書面などの証拠を残そうとしません。

 

平成25年2月21日から特定商取引改正法が施行されました。

 

その内容は

 

・不招請勧誘の禁止 

 

依頼の無い訪問買い取りは禁止になりました。

 

・クーリングオフの適用

 

今までは被害者が売った側だったのでクーリングオフ制度が適用されませんでしたが、

 

訪問買い取りに関してもクーリングオフの制度が適用されるようになりましたので、契約した日から8日以内なら無条件で取り戻すことができるようになりました。

 

クーリングオフ期間中は業者が転売してしまっても所有権を主張できます。

 

ただし、クーリングオフには適用除外品がありますので注意して下さい。

 

・書面の交付の義務化

 

買い取りの条件を記載した書面の交付が義務化されました。

 

ただし、悪質業者が居なくなるわけではありませんので、電話で訪問買い取りを求めてきた場合は注意して下さい。

 

震災を口実にした訪問買い取り

 

2011年3月11日に東日本大震災が発生して、多くの被害をもたらしました。

 

その際、「不足している医療機器の材料にするので貴金属を売って欲しい」または「買い取り代金の一部を募金して欲しい」などといった訪問買い取りが消費生活センターや国民生活センターに相談されています。

 

震災被害の役に立てたいという消費者の親切心につけ込んだ悪質なケースもありました。

 

相談された主なこと例としては、医療機器に再利用する、レントゲン機材を作るため、心臓ペースメーカーに再利用する、募金に協力して欲しいなどです。

 

しかし、現在は戦争中では無いので、民間から金属供出を求めるほど貴金属が不足しているわけではありません。

 

現在では東日本大震災に関する訪問買い取りは収束していると思われますが、新たな災害はいつ起こるか分かりません。

 

災害が起こった場合は悪質な訪問買い取りにも注意して下さい。

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ