ジュエリーについてなら

宝飾品を持つには長期的な視点が必要

宝飾品(ジュエリー)は高額品なため、その扱いは長期的に考えなければなりません。宝飾品の買取価格は購入時より圧倒的に安くなるので、購入や買い取ってもらうのは慎重に計画しなければなりません。しかし、ほとんどの人は宝飾品の基礎知識が無いためどのように宝飾品を扱えば良いのか分からないのが現実です。

 

宝飾品は、十数万円以上します。誰もが「高額な費用をかけた宝飾品で損をしたくない」と思うはずです。

 

そこで、「宝飾品を扱うイメージを長期的に考える」ことが重要になります。そもそも宝飾品は一生付き合っていく物です。また、リングやピアスなど毎日使用する物もあります。そのため十年以降先も使用し続けることができる宝飾品をイメージすることが大切です。

 

特に宝飾品の扱いには家族のことを考える必要があります。自分の死後、宝飾品を家族が受け継ぐ可能性があるからです。子供や孫など自分より若い世代のことを優先して考えましょう。そのことさえ考えておけば、十数年後にもお気に入りの宝飾品を持つことができるでしょう。

 

継承する家族から宝飾品を考える

 

まず、自分の宝飾品を受け継いでくれる家族のことを考えることが重要です。「受け継いでくれる子供がいる場合」と「受け継いでくれる子供がいない」場合です。お子様のことを考えて宝飾品を検討することは大切です。

 

しかし、子供のことばかり考えて、小さな頃しか使用できない「ベビーリング」などを購入して「何もせずに長期間放置した」という状況の方もいます。実はベビーリングは赤ちゃんには扱えないので大人になってからチェーンを付けてネックレスにして渡すのが一般的です。

 

このように、宝飾品を購入するときは目先のことばかり考えてはいけません。前述の通り最低十数年先のことまで考えた長期的なイメージが大切です。十数年たっても満足して使用し続けられる宝飾品を購入することを目指さなければなりません。

 

宝飾店の言いなりになって安易な購入を繰り返すと、いつの間にか家の中が使用していない宝飾品であふれてしまいます。その結果、高額な宝飾品を安く買いたたかれてしまうのです。

 

子供のいる方なら、時分の持っている宝飾品を子供に受け継いでもらうことを考えてみましょう。宝飾品の価値は永遠に続きます。宝石や貴金属は時間がたっても劣化しないからです。デザインが古くなってもリフォームすれば問題ありません。

 

そのため、宝飾品を購入するときは長期的に持ち続けることを考えて下さい。安易に購入した物を安易に買い取ってもらうようなことを繰り返すのは大きな損です。

 

もし子供がいない方なら、使用していない宝飾品を買い取ってもらい老後の資金にするという手もあります。子供のいない方なら資金に余裕があるのでたくさん購入して、たくさん買い取ってもらっても問題ないかと思います。

 

結局、宝飾品で損をしないためには、「不要な物は買わない」と言うことです。ジュエリーは身につけて使用するためにあります。本当に欲しい物だけを購入するようにしましょう。購入したことを後悔して、後で安い価格で買い取ってもらうこと態に成ることだけは避けましょう。

 

宝飾品の購入を家族に隠さない

 

女性の中には、家族に内緒で宝飾品を購入してしまう人がいます。私が以前宝飾品店に勤務していたとき、夫に内緒でジュエリーを大量に購入していたことが発覚して離婚に至ったケースがありました。そのようなことが起こるのは不幸です。そして、発覚するのを防ぐために証拠品を慌てて買い取ってもらおうとすると、間違いなく安く買いたたかれます。

 

宝飾品を購入するときは、必ず家族の同意を得てからにして下さい。そうしないと大切な家族を失うことになるかもしれません。

 

関連ページ

 

損をしないために必要なこと

 

宝飾品の出張買い取り契約のルールが変わり悪徳業者は排除されます

 

高額買い取りのためには査定を業者に任せきりにしない

 

宝飾品を買い取ってもらう理由を明確にしなければ、大きく損をする

 

宝飾品は長期的な視点が必要


HOME プロフィール お問い合わせ