ジュエリーについてなら

星座石とは

星座石とは星の巡りによって運命が決まるとする西洋占星術の黄道十二星座に由来する宝石です。

 

星座ごとにそれぞれ守護石が決まっています。日本では誕生石ほど知名度がありませんがヨーロッパでは誕生石より人気があります。

 

自分の生まれ星座に由来する守護石を身に付けていると、災害から身を守られたり幸運が訪れたりする効果が期待されています。

 

誕生石は宝石業界によって決められた商業的な意味合いが強いですが、星座石は占星術師達がいろいろと試行錯誤しながら決めてきました。

 

最近では日本でも注目を集めています。

 

誕生石は宝石業者の話し合いで1つの月に1つの宝石が多いですが、星座石は1つの月に複数の宝石があったり、同じ宝石が別の星座に指定されていたりします。

 

宝石は同じ種類でも一つ一つ微妙に異なります。なので同じ宝石でも占星術師によって違うイメージになってしまうこともあります。

 

さらにどの星座にどの宝石がふさわしいかも占星術師によって異なります。

 

長い年月の間に大勢の占星術師たちが様々な研究を行ったり、知識を蓄積したりして修正を行ってきました。

 

古くから知られている宝石ばかりでは無く、占星術師の独断によって新たな宝石が追加されることもあります。

 

その結果星座石は誕生石に比べて非常に複雑になっています。

 

誕生石は国によって違いがありますが、星座石はさらに違いが大きく紹介する人によって違いがあります。

 

宝石に関する書籍やサイトを閲覧すると誕生石に関してはほとんど一致しますが、星座石に関しては全く違うことが書いてあります。

 

紹介する人によってはメインストーンとサブストーンに分かれる場合もあります。

 

星座石の起源

 

星座石がいつどのように決まったのかはよく分かっていません。ただし誕生石が20世紀になってから決まったのに対して星座石は3,000年以上前のメソポタミア文明時代のバビロニア占星術の時代からあったようです。

 

決め方には誕生石と同様にヨハネの黙示録に出てくる巨大ピラミッド「新しいエルサレム」の12段の各土台に飾られている宝石が由来という説があります。

 

星座石は昔から大勢の占星術師が黄道十二星座とそれぞれの星座を支配する惑星(守護星)と天然石のパワーを参考に性格や色を決めて来ました。

 

星座石の選び方

 

星座石はたくさんの種類があるのでどの宝石を選べばいいのか悩むかもしれません。しかし、星座石はもともと占星術師達が直感で決めてきたのです。

 

なので星座石を選ぶときも自分の好みや価値観を信じて直感で選ぶのが良いと思います。どれが正しいと言う正解は人それぞれ違うと思います。

 


HOME プロフィール お問い合わせ