ジュエリーについてなら

トルマリン(電気石)

名前の由来 トルマリン・セイロン島の現地語であるシンハラ語のturmari 電気石・結晶を熱すると電気を帯びるため
分類 ケイ酸鉱物
化学組成 種類によって色々
結晶系 三斜晶系
モース硬度 7〜7.5
比重 3.06
光沢 ガラス光沢
屈折率 11.62
石言葉 色によって様々
無色、青色、紫色、緑色、ピンク、赤色、黄色、褐色、黒色
劈開 なし


HOME プロフィール お問い合わせ